【実際に行ってきた】千葉駅周辺にある古着屋さんをご紹介

先日、友達の家へ遊びに行く予定があって千葉駅に初めて降りました。

ぼく自身も千葉県出身なのですが、東葛地域に住んでいたので千葉市に行く機会は今までになく。

 

最近は初めて行く土地となれば、近くにあるレコード屋さんと古着屋さんには必ず足を運びます。

ということで今回は、ぼくが実際に足を運んだ千葉駅周辺の古着屋さんをご紹介。

 

スポンサーリンク

デザートスノー 千葉店

階段下の黄色い看板が目印

千葉と言えばここ!な古着屋さん。

学生時代、古着が好きな友達からお店の話を聞いたことがあり、以降ずっと覚えていました。

 

階段を上がると2フロア構成になっており、片方には国内外のハイブランド古着がずらり。

もう片方のフロアは入り口から靴がずらっと並んでおりとても広く、国内のデザイナーズブランドからレギュラー古着、ヴィンテージまでたくさん並んでいます。

 

ハイブランド売り場はコンパクトなスペースに並んでいるそれらを気軽に見ることができますが、古着フロアは一味違う。

その圧倒的なまでの物量の多さにはとにかく圧巻でした。

 

全てを見ようとするなら、1時間じゃ絶対に足りないほど。

ぼくはこの後に紹介するトレファクスタイルへ先に足を運んでいたのですが、その後だからなのか気力が限界に達し、店内の古着をじっくり見ることはできませんでした。

 

ドンキホーテっぽさをも感じる独特の陳列。

ひとつのフロアにたくさんの洋服が並んでおり、圧倒的なまでに多い物量に思いっきり殴られた気分です。

 

次に足を運ぶときは気合いを入れて、2時間くらいは滞在する心意気で挑みたいと思います。

逆に言えば、ざっくりと「今あれが欲しいんだよな」なんて狙っているアイテムを頭に思い浮かべながら行っても、高い確率で出会えることでしょう。

 

レギュラー古着、ヴィンテージコーナーは圧巻のボリュームと、誰もが欲しがるような商品がたくさん並んでいるお宝の宝庫だったので、次はゆっくり眺めたいところ。

 

デザートスノー

千葉県千葉市富士見町2-13-1 山崎第二ビル 2F

 

トレファクスタイル 千葉店

田舎者のぼくには家具や家電も売っている総合リサイクルショップのトレジャーファクトリーに馴染みがありますが、トレファクスタイルはその古着専門店。

首都圏を中心に展開されている、ハイブランドからカジュアルブランドまでを幅広く取り扱うブランド古着屋さんです。

 

1階がセレクトショップのオリジナルアイテムやカジュアルブランドを中心に並べており、2階にはハイブランドやレギュラー古着が並んでいます。

安いもので480円から販売されており、その雑多な中から自分だけのお宝を探す感覚が楽しくて、都内にある店舗にもぼくはよく足を運びます。

 

自分に似合わない色だったので買いませんでしたが、ぼくが大好きなブランドのTシャツも定価なら1万円近いところ、状態もいいのに480円で販売されていたり。

こういうワクワクがあるから、どこへ行ってもブランド古着屋さんへは足を運ばずにはいられません。

 

トレファクスタイル 千葉店

千葉県千葉市中央区中央2-3-16

 

スポンサーリンク

数は少なくても一店舗あたりの見応えが半端じゃない

今回ぼくが千葉駅周辺で足を運んだ古着屋さんはこちらの二店舗でした。

調べてみると千葉駅周辺に古着屋さんは少ないようですが、ご紹介した二店舗に関してはそれぞれ見応えが半端じゃありません。

ぼくはどちらの店舗も確実に一時間以上はお店の中にいたはずでした。

 

今回は時間がなくて足を運べませんでしたが、千葉駅周辺には「温故知新」さんというブランド服と古着の両方を展開するセレクトショップもあるそうです。

ぼくが調べた限りでは、千葉駅周辺にある古着屋さんはその三店舗。

 

千葉駅、初めて降りたのですが駅がとにかく大きくて。

街中にはモノレールも走っており、とても綺麗な景観の街でした。

 

千葉駅に降り立った際には、今回ご紹介した古着屋さんにも是非足を運んでみてください。

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。