車も電車も使わない。自給自足で生きる集団”アーミッシュ”の文化を表現した1着のジャケット

着ると、何となく背筋の伸びる思いになるのがテーラードジャケット。

仕事柄、スーツを着ることがほとんどないぼくは、私服でもジャケットの類を着ることがほとんどありませんでした。

 

いわゆるスーツの形をしたテーラードジャケットとは違いますが、春が近付いてきた今日この頃、ぼくも久しぶりにジャケットを購入したのでご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

縮絨加工、断ち切り始末を行った退廃的な雰囲気のジャケット

ウール素材の糸を綾織りで織って起毛させた”ビエラ生地”と呼ばれる種類のそれを、縮絨させて作ったこちらのジャケット。

ブランドはお馴染み、ぼくが大好きなiroquoisです。

縮絨とは生地をフェルト化させる工程のことで、生地を水で湿らせて熱や圧力を加えて、密度を濃くすることを指します。

 

縮絨は本来、ウール生地に対して行うことが多い加工の方法。

特別な方法を用いて本来熱に弱いはずのポリエステルに縮絨加工を行うことを得意としているのが、日本が世界に誇る有名ブランド、COMME des GARCONS。

軽い生地感ながら、独特の雰囲気を持ったジャケットやコートは、そのようにして作られているんですね。

 

話を戻して、今回ぼくが購入したのはウールから成るビエラ生地に縮絨加工を施した、一見するとスタンダードな方法により作られたジャケット。

しかし、よく見てみると非常に独特の作りをしているんです。

 

同じ素材を使っていても、加工や処理方法によって見え方が全く違ってくる。

それが洋服というもので、アイデア次第で今までに見たこともなかったものが生まれてきたりもする。

これだから洋服って面白くて、とても芸術的なんですよね。

 

黒い服ってぼくが駆使できる限りの技術では綺麗に写真を撮るのが難しいので少し見えづらいかもしれませんが、こちらは背面。

 

特筆すべき点と言えば、スーツをはじめとしたジャケットにも入っていることのあるセンターベント。

服に切れ込みを入れることで体を動きやすくするための仕組みです。

 

裾が毛羽立っているように見えるのは、裾などを縫って見た目を綺麗に整えることなく、断ち切りしたままの状態 (切りっぱなしと言ったりもします)になっているから。

加工しないことで結果的に加工されたアイテムのように見えていますが、そこにはワイルドさだったり、どこか退廃的な雰囲気を感じます。

 

明確な世界観を持ったコンセプチュアルなジャケット

床に置いて撮ってみるとこんな感じ。

首回りと、両脇からポケットにかけて入っている線はダーツと呼ばれるもの。

 

これは平面の生地を立体にするために使われる技術。

人が着たときにシルエットが美しく見えるよう、立体的な人間の体に沿って生地の一部をつまんで縫い消し、元々平面の曲面化させています。

 

 

首元は襟のないノーカラー仕様で、こちらも生地は断ち切りされたままの状態。

 

フロントに何もないように見えているのは、ジップでもボタンでもなくホックで前を閉める仕様になっているからなんですね。

ミニマルで無駄のない設計とデザイン。

全体をパッと見たとき、ただただシンプルでミニマルな印象と、断ち切りされた生地感から漂う退廃的な雰囲気を感じます。

 

袖部分は裏地の方が表の生地よりも長くなっており、重なって見えるように。

 

実はこれ、裏地は生地と縫い付けられていません。

ふたつが固定されていない分、するっと剥けていってしまうような感覚すらあります。

 

スポンサーリンク

”アーミッシュ”の暮らしを洋服で表現したシーズン

「アーミッシュキルト」を模したボタンデザイン

実はこのジャケット、iroquoisの2015年秋冬シーズンに発表されたアイテム。

当時のiroquoisはシーズンテーマを「VILLAGE」としていました。

 

今から300年以上前にスイスやオランダなどの地方で暮らしていた”アーミッシュ”と呼ばれる人たち。

キリスト教の一派であった人々のことを、そう呼んでいるそうです。

 

アーミッシュの彼らは、他との考えの違いから迫害を受け、アメリカへと移り住むことに。

驚くべきは特徴的な生活形態で、アーミッシュは現代技術を受け入れることを拒否しながら今でも生活をしているんだそう。

 

移動は車や電車ではなく馬車で、電気はほとんど使わない。

食も自給自足と、その守りをずっと続けて現代まで続いている文化であり集団なのです。

 

インターネットが普及し、物凄いスピードで新たなサービスや技術が生まれ、目まぐるしく変化していくぼくたちの生活スタイル。

便利になる一方で、そんなスピード感に時々少し「疲れたな」と感じてしまうことが、ぼくにはあります。

 

そんな時代だからこそ、iroquoisは今ここで「VILLAGE」と題してアーミッシュの生活を表現したコレクションを発表したのかもしれません。

ミュージシャンが音楽で感情や、自分から見えている世界を表現する一方、ファッションデザイナーはコレクションを通じてそれらを表現し続ける。

 

半年近く展開され続けるコレクション。

どうしても魅力的なデザインの服があるかないか、だけを考えがちですが、それらの服が作られた背景にも目を向けてみるときっと面白い発見があるはずです。

もっと音楽を楽しむのと同じ感覚で、そんな楽しみを感じながら洋服にも袖を通してみると、洋服ってもっと面白いんです。

 

身長178cm 体重64kgのぼくがサイズ2を着てみました。

素材やシーズンこそ違えど、ぼくが普段から愛用しているiroquoisのスラックスと合わせてセットアップ風に。

インナーにはbukhtの定番アイテム、ビッグサーマルを着ています。

 

フックを掛けずに着てみると、白いインナーが見えてまた違った雰囲気になりますね。

 

まだ少し寒い2月に着るなら、インナーにベストを挟んでみても。

その上からコートを羽織ってみるなりすれば、冬でも雰囲気を崩さずに着ることができそうです。

 

また別の記事でもご紹介したいと思いますが、最近買った独特の風合いをしたデニムと合わせてみました。

個人的に、この何とも言えない表情をしたデニムを黒いトップスと合わせたときの雰囲気が、ぼくはとっても好きで。

セットアップ風に着るとカチッとキメすぎてしまうところを、上手い具合に絶妙な崩し方をしてくれるので気に入っています。

 

背景に文化や歴史を感じるiroquoisのウールビエラ縮絨ジャケットをご紹介しました。

音楽や旅、歴史からイメージを膨らませて服作りをするブランド、iroquois。

ブランドの服を着る度に、デザイナー吉田さんの色々なことに対する造詣の深さに驚かされます。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

【4月28日(日)】映画「The True Cost」上映会を開催します



2019年4月28日(日)に新宿にて映画「The True Cost」の上映会を開催します。

ファストファッション人気の裏で低賃金、重労働に苦しむ人々がいる事実を写したドキュメンタリー。

洋服が好きな人のみならず、全ての洋服を着る人々に見て欲しい作品なので、上映会を開催することにしました。

ファッションとは何か、なぜ人は服を着るのかを今一度考える機会に必ずなってくれます。