足元を思いっきりゴツく。MA_JULIUSの無骨なコンバットブーツに初挑戦

スニーカーばかりを履いていると、たまにはガツンと迫力のあるブーツに挑戦してみたくなったりします。

革靴を履けばスニーカーよりも大人っぽい印象に。

スニーカーなら、カジュアルなコーディネートに向いている。

 

ぼくは普段、基本的にCONVERSEのスニーカーを履いています。

ミリタリー系や古着が好きなので、それらの洋服との相性は抜群。

組み合わせの面で困ることは何もないのですが、たまには足元にボリュームを持たせた無骨なコーディネートにも挑戦してみたくなる。

 

普段よく着るような洋服に合わせやすくて履きやすく、どんなコーディネートとも相性のいいブーツってないかな?

なんて考えながら、そんな1足を探していました。

 

候補としてずっとあったのは、DannerのMOUNTAIN LIGHTでした。

マウンテンブーツとしての見た目も抜群に格好良く、”マウンテン”と名前が付くだけあって、山登り向けの性能にも文句なし。

GORE-TEX仕様になっているので、素材こそレザーですが雨の日だってガンガン履けて、経年変化も楽しめる。

ソールも頑丈かつグリップに優れたVibramソールを採用しているので、水に濡れた路面で滑ることもない。

 

手に入れやすく、個人的に最強のブーツだと思っていたのですが、なんとなく買うタイミングがないまま何年も過ぎていきました。

 

そんな中、たまたま行ったリサイクルショップで、たまたま見かけたブーツに一目惚れをして購入をしました。

 

スポンサーリンク

MA_JULIUSのコンバットブーツ

東京を代表する人気ブランド、JULIUS (ユリウス)のドレスラインして誕生したのがMA_JULIUS (エムエーユリウス)

JULIUSにおける黒を多用したコレクションは、コーディネートを構成するそれぞれの洋服が持つシルエットが人間離れ(いい意味で)しています。

実際にコレクションを見てみると、非常に特徴的なシルエットをした洋服たちに衝撃を受けるかもしれません。

 

ミリタリー系の古着や、アースカラーの洋服ばかり着ているぼくは、オールブラックが特徴的なJULIUSのアイテムに手を出す日が来るとは思っていませんでした。

 

JULIUSのようなブランドに関しては、1着だけを普段のコーディネートに取り入れるのは難しい。

ですが、ブーツだけなら取り入れることができそうだったので、一目惚れしたままの勢いで購入。

 

アメカジ系とはひと味違った無骨さとボリューム感が格好いい

アメカジ系の無骨で男らしいブーツのブランドと言えば、RED WINGやWHITE’S、WESCOなどが代表的だと思います。

ボリュームのある足首周りや、ゴツゴツに硬くて高めのソール、耐久性に優れた革を採用した、超無骨な見た目とシルエット。

 

アメカジ系ブランドが持つ無骨で男前なブーツとはまた違った魅力を持っているのが、今回購入したMA_JULIUSのブーツ。

ゴツゴツしたソールと、つま先やかかと部分にはカウレザーにこそ通づる部分は感じます。

 

余談ですが、紐を上まで掛けるのが面倒なので、足首で1周させて履くスタイルを取っています。

ハイカットスニーカーやブーツでしか味わえないこの感じ、なんかいいな・・・なんて思いながら満足しています。

 

一方で足の側面部分には柔らかく、きめ細かなカウスキンを使って素材を切り替えていて。

この辺りの一捻りに、JULIUSというブランドらしさを感じます。

途端に「ザ・無骨なアメカジ系ブーツ」とまとめられなくなる雰囲気を纏い、暗闇の似合う不穏な印象の1足に。

 

アメカジ系のブーツとはまた違ったベクトルの無骨さと、どこか不穏な男らしさを持っています。

 

スポンサーリンク

抜群の機能性を備えた上で魅せる、唯一無二かつ独特の個性

今回のブーツだけじゃなく、どんな洋服を買うときにでも通じて言えることがあります。

ただ格好いいだけの洋服には魅力を感じない。

細かなディテールにまでこだわり抜いて作られてこそ、ぼくは初めてそこに魅力を感じます。

 

例えば、ぼくが古着を好きなのって、そこには今の洋服のように「あると格好いいから」という理由だけで足されたディテールなんてひとつもないから、です。

全てのディテールに意味がある。作りに意味がある。

当時の洋服は着るためであって、体を暖かく保つためや快適に過ごすためであって、そのための工夫がされている。

今のように「昔の名残りだから」「あると格好いいから」という理由だけで見た目のため、着飾るために不要なディテールを足すようなことはされませんでした。

 

品質が高いこと、身にまとうものとして実用的であること。見た目の格好良さは、ぼくにとってほとんどの場合は二の次三の次。

 

その点、今回購入したブーツに関してはVibramソールを採用しており、機能性の面でもまずバッチリ。

山登り用のマウンテンブーツにも採用される、グリップ力に優れたソールです。

 

タウンユースでそこまでのクオリティーにこだわる必要はないのかもしれませんが、ブランド側の「ただ格好いいだけのものは作らない」という意思を確かに感じます。

 

見た目こそゴツゴツでも、すぐにすり減ってしまうソールを使ったブーツなんて山ほどありますからね。

購入したMA_JULIUSのブーツは、発売から7~8年こそ経っていますが、ソールは未だにこれだけ残っています。

 

Vibramソールなら、扱っているお店に頼めば簡単に交換して頂けるはず。

万が一、すり減ってしまったとしても、修理をお願いすれば再び履くことだって可能です。

 

身長178cmのぼく、高めソールのブーツで180cm台に到達

持っている黒パンの中でも2番目に細いブラックデニムと合わせてみました。

個人的には「スキニー」と呼ぶほどは細くない1本だと思っているので、分かりづらいですがブーツの中に裾を入れてはいません。

これがスキニーだったらロールアップするも、裾をブーツインするも自由なはず。

今までにブーツを履いたことがあまりなかったので、裾付近の遊び方に関しては試行錯誤していきたいと思っています。

 

ぼくの身長は178cm。

高校の同級生で、ずっと仲のいい友達も同じく178cmで、「あと2cmあったらな」なんて話をよくしていました。

 

人に「背が高いけど、180cmくらいあるの?」と聞かれても、”くらい”なので178cmなことも含めて「はい」と言った方が早い。

ですが、勝手に見栄を張っているような気がしてしまうので、「いや、178cmなんですよ」と微妙なリアルをお伝えしています。

 

そんなぼくも、ソールが厚いブーツを履けば180cm台に到達します。

抜いだときに若干の高低差を感じるので、視界は確実に2cmほど上にあるのでしょう。

 

余談ですが、MIHARA YASUHIROの定番でもある「ジャイアントブーツ」は、履けば身長が7cmほど伸びるなんて噂を聞いたことがあるような。

 

機能性抜群、見た目も最高に格好いいブーツ。長く愛用し続けたい

ブランド古着にしては珍しく、タグも一緒に付いていました。

7~8年も前のアイテムなのにここまで綺麗でタグも残っているなんて、きっと前の持ち主さんは大切に履かれていたことでしょう。

ぼ意思を受け継いで、革のケアをしながら大切に、ぼくが長く長く愛用し続けていきます。

ぼくも使っているブランド古着屋「RAGTAG」の公式アプリがリリースされました。

ネット通販でブランド古着を探すなら、とてもおすすめです。

RAGTAG/rt -ブランド古着の通販・買取&査定アプリ-
RAGTAG/rt -ブランド古着の通販・買取&査定アプリ-
開発元:TIN PAN ALLEY CO., LTD.
無料
posted withアプリーチ
The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

【4月28日(日)】映画「The True Cost」上映会を開催します



2019年4月28日(日)に新宿にて映画「The True Cost」の上映会を開催します。

ファストファッション人気の裏で低賃金、重労働に苦しむ人々がいる事実を写したドキュメンタリー。

洋服が好きな人のみならず、全ての洋服を着る人々に見て欲しい作品なので、上映会を開催することにしました。

ファッションとは何か、なぜ人は服を着るのかを今一度考える機会に必ずなってくれます。

上映会の詳細に関しては下記の記事をご参照下さい。

【4月28日(日)】映画「The True Cost」上映会を開催します