「この服を買ったところで、人生変わるの?」と考えてしまったぼくがいた

以前ご紹介したBelstaffのDALESMANを買うか迷っていたときのこと。

近くにあったイートインスペースのあるコンビニに入って30分くらい、買うか見送るかを迷っていました。

 

東京に引っ越してからは、柏にいたときよりも圧倒的に洋服を買うペースが上がりました。

部屋にはどんどん洋服が増えていきます。

 

たくさんの魅力的な洋服に出会う中で、増えていく中で、「心の底からいいと思った服だけを買おう」と、改めて自分の判断基準を見直すことに。

だからなのか、学生の頃に10万円でチェスターコートを買ったときよりも、同じく10万円でライダースジャケットを買ったときよりも、買うか迷いました。

DALESMANは3万円でしたが、迷いました。

 

普段、あまりヴィンテージに手を出さないぼくとしては、古着で3万円というあまりない買い物に迷いを感じたことは確か。

それでも10万円の買い物をするときよりも明らかに迷っていたりして。

いつでも”その服に販売価格分の価値を感じるか”という点で買うか悩んでいるのだと思いますが、今回ばかりは悩みすぎてやや異次元にまで思考が発展していきました。

 

スポンサーリンク

「この服を買ったところで、今後ぼくの人生は何か変わっていくのか?」

「この服を買ったところで、今後ぼくの人生は何か変わっていくのか?」

 

「いや、きっと変わらないよな」

買ってからの2~3年は、その服を着てワクワクする日々を過ごせるのかもしれない。

数年後にはきっと飽きて、何かしらの形で手放してしまうのだろう。

 

「そう考えると、この服を買う意味ってあるのかな?」

「というか、好きな服を買ったところで何の意味があるんだろう?」

 

どんどんと思考が遠くへ逸れていく。

 

「面白そうだと思ったあの映画。見たところで今後、ぼくの人生は何か変わっていくのかな?」

「というかそもそも人生って何なんだろう?」

「生き続けたところで、いつかは死んでいく。そこにどんな意味があるんだろう?」

 

自分から人生を終わらせようなんて、さらさら思っていない。

寿命が来るまで生き続けて、それが何になるんだろう?

 

一度しかない人生なんだから、悔いのないように一生懸命に生きていこうよ。

そう言う人の気持ちも分かります。

でもぼくはどちらかと言うと、どう生きても人生なんだから、そんなに頑張る必要もないんじゃないか?と思ってしまったり。

 

将来的に教科書に載りたいとでも思っている人じゃない限り、どう生きても人生が終わっていくことに変わりはない。

でも自分がこの世を去ってしまったら、教科書に載っていたとして、それを自分で確認して満足することなんてできない。

そう考えると、人生って長い暇つぶしなんじゃないか?とすら思えてしまうことがあるんです。

 

同じように生きていくなら、いっそ楽しく。洋服だってその一部

一度きりの人生だから、頑張って生きていこう。

そう考えている人と、向いている方向はきっと同じなんだと思います。

 

人生は長い暇つぶし。

せっかく生きていくのなら、いっそ楽しく。

洋服を選ぶことだって、着ることだってその一部。人生に彩りを添えてくれる要素のひとつ。

興味のある映画を見ることも、人生に彩りを添えてくれる要素のひとつ。

 

そうやってふとしたきっかけで見た映画が、人に勧めてもらって読んだ本が、今後の人生に大きな変化を与えるかもしれない。

自分の思考に大きな変化を与えて、今後の自分にとってのやりたいことや、興味のあることに出会うきっかけになるかもしれない。

 

そう考えると、色々なモノやコトに手を出したり、楽しんだりすることに何一つとして損はないんですよね。

時間やお金はそのために使っていけばいい。

 

収入が不安定なぼくにお金の不安はあるけれど、やっぱり楽しく生きていくためには、貯金をしておくことって何だか勿体ないように思えてしまいます。

同じように生きていくのなら、いっそ楽しく。

ファッションは、洋服はぼくが人生を楽しく生きていくために必要な要素のひとつ。

きっとそれでいいんだと思います。

 

人生は長い暇つぶし。

それを精一杯楽しむために、ぼくには何ができるかな。

大好きな洋服に囲まれて、他に何ができるかな。

 

1着の洋服を買うためにめちゃくちゃ悩んで、ふとそんなことを考えたのでした。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

【4月28日(日)】映画「The True Cost」上映会を開催します



2019年4月28日(日)に新宿にて映画「The True Cost」の上映会を開催します。

ファストファッション人気の裏で低賃金、重労働に苦しむ人々がいる事実を写したドキュメンタリー。

洋服が好きな人のみならず、全ての洋服を着る人々に見て欲しい作品なので、上映会を開催することにしました。

ファッションとは何か、なぜ人は服を着るのかを今一度考える機会に必ずなってくれます。

上映会の詳細に関しては下記の記事をご参照下さい。

【4月28日(日)】映画「The True Cost」上映会を開催します