2本目のジーンズを選ぶって、きっと2人目の子供を考えるときと同じ気持ち

YouTube「いわたの偏愛コレクション」チャンネルに2本目の動画を公開しました。

 

今回は、ありがたいことにコメント欄で頂いたリクエストにお答えして、ぼくが愛用している相棒ジーンズ「PETIT STANDARD」をご紹介しています。

 

スポンサーリンク

最近記事にしていなかった相棒ジーンズの色落ち具合を動画でご紹介

PETIT STANDARDに関しては相変わらず穿きまくっていて、それに連れて見た目の格好良さも男らしさもガンガン増していて。

 

実は最近も「そろそろ記事を書きたいな」と思って相棒の写真は撮っていたのですが、なかなか記事を書けずにいました。

それを、せっかくYouTubeチャンネルを作ったから動画にしてみよう、と思い撮影をしてみた次第です。

 

編集後記: 「2人目の子供を考えるときってこんな気持ちになるのかな」

やっぱり大好きなジーンズの話をしているとつい長くなってしまい、気付けば動画を40分ほど撮っていました。

流石に長すぎるので必要最低限の内容に絞った上で、動画は前編・後編に分けて公開をする予定です。

 

「無駄なことそ喋るともっと長くなるからコンパクトにしておこう」と思い、話したかったけれど我慢した内容もいくつかあって。

うちひとつは、もう3年近く1本のジーンズを穿き込んでいると、そろそろ2本目とローテーションしながら穿き込むことを考える人もいる頃だ、ということで。

 

ぼくはまだまだPETIT STANDARD以外のことを考えられないのですが、同じだけ穿き込んだ人は例えば、週の半分を1本目、もう半分を2本目、と穿いたりしても不思議ではない。

そのときってどんな気持ちなんだろう。

 

動画内でも「こいつと時間を共有していく・・・」みたいなスケールの大きい話になったりもしましたが、そんな話をすれば、2本目を育てるって、2人目の子供を産むときもこういう感覚になるのかな、みたいな。

 

ぼくには弟が2人いるのですが、両親が弟を産むときって、なんとなく今ぼくが「2本目か・・・」と考えるのと同じような気持ちになるのかな、と思ってみたり。

 

・・・一体何の話をしてるんだよ。たかがジーンズだろ、とお思いになるかもしれません。

たかがジーンズです。でも、されどジーンズなんですよね。

 

こんなことが頭を過ぎるくらいには愛情を持って相棒を穿き込んでいるし、そんな時間を過ごしていると、大げさかもしれないけれど思考が異様なスケールになってくるんですよね。

 

何が言いたいかっていうと、つまりはそんなことを考え始めてしまうくらいにはジーンズを穿き込むこと、育てることは本当に楽しくて面白くて、ロマンがあるということです。

この気持ちを経験したことがない人にも、ぜひ楽しさを感じて欲しいな。

 

そうじゃないとぼくはこんな動画を撮らないし、ブログを書いていないし、「俺らのジーンズ色落ち特集」なんて企画も行なっていません。

まずは今回公開した動画の前編をご覧頂けると、その熱量がきっと伝わると思います。

後編はもっとそれが伝わる内容になっていると思っているので、楽しみにしていてください。ぼくは編集を頑張ります。

 

 

▼12/29 追記: ジーンズ動画の後編を公開しました。こちらも是非、ご覧頂けると嬉しいです。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」