真冬の相棒にはデッキジャケットが超おすすめ。アウター史上最高峰の暖かさを誇るアイテムだ

今年も真冬はこいつに頼ります。愛用しているYMCLKYのN-1、別名デッキジャケット。

 

ぼくはなかなかの寒がりでこれまでに色々なアウターを試してきたのですが、デッキジャケットに出会ってからは、アウターを買い換えようと思ったことは一度もありません。

 

というのも、デッキジャケットって実はめちゃくちゃ暖かいんですよ。

さすがは元々、軍人が厳しい極寒の環境下で着るために生み出された洋服なだけあるなって、本当に思っていて。

 

それも本当に軍隊で使われていた古着、デッキジャケットに関して言えば古着は数が少なくなってきていて、状態が悪くても販売価格は4万円〜。

高ければ7万円前後することだって、普通にあり得るアイテムです。

 

さすがに本物のヴィンテージは高くて手が届かない。

ということでぼくが愛用しているデッキジャケットもレプリカ(現代ブランドが当時の形を模して作ったもの)な訳ですが、この「YMCLKY」というブランドのそれが本当にいい。

 

国内の有名ブランドでもデッキジャケットを作っているところはありますが、どれも販売価格は5万円〜が相場。

一方でぼくも愛用しているYMCLKYのデッキジャケットは、なんと税込み12,463円という破格の安さ。

 

今までも何度かデッキジャケットに関する記事は書いてきましたが、改めてぼくはこの1着を、心の底からおすすめしたい。

今年も寒い季節がやってきて、実際にデッキジャケットに袖を通して、「やっぱり心底おすすめできる」と思ったから、こうして記事を書いています。

 

スポンサーリンク

半端なダウンジャケットよりも暖かく、何より人と被りにくい

どうしてぼくがここまでデッキジャケットを激推しするのか。

理由はたくさんありますが、やっぱり最大の魅力は「抜群に暖かい」というところです。

 

表面に採用されたのは目の詰まったコットンツイル生地

表地はコットンなので、ダウンに比べて冷たい風を通しやすいのではないか?と思ったのですが、実際に着てみるとそんなことは一切なくて。

というのも、表面は厚手のコットンツイル。厚手のチノパンに似た生地感だと思ってください。

 

目の詰まったコットン生地で風の侵入を防ぐ。

人が「寒い」と感じる最大の理由は風にあります。

服と体の間に冷たい風が侵入することが「寒い」と感じる最大の原因。

 

そんなものを防ぐための対策なんて、デッキジャケットにはとっくの昔から取り入れられています。

繰り返しますが、なんせ軍人が厳しい環境下でも暖かく快適に過ごすために作られた洋服なんです。

アメリカの海軍が、真冬における極寒の船上でも暖かく仕事をするために作られた洋服なんです。

 

そんなクオリティーを持った洋服が、日本の冬ごときで着ている人に「寒い」と感じさせる訳がありません。

 

おまけに袖先にも伸縮性のあるリブが付いており、お陰で袖から冷たい風が侵入することはまずありません。

 

裏地には体を包み込むフカフカのボアが袖口まで

表地には風を通さない、目の詰まったコットンツイル生地。

しかしそれだけじゃまだ寒いということで、裏地にはご覧の通り、フカフカのボアが「これでもか」と高密度でぎっしりと敷き詰められています。

 

とんでもなく肉厚なボアの生地感がお分かり頂けますでしょうか。

この、えげつなく肉厚で暖かいボアは見頃だけじゃなく、袖口にまでぎっしり詰まっているんです。

 

風を通さない生地の内側にはフカフカのボアがこれでもかと敷き詰められている。

ぎっしり詰まったボアに体を包んで、これが寒い訳がありません。

 

お値段は破格の安さでも古着好きも唸るこだわりのディテール

洋服を安く作って売ろうとすると、どうしても細かな部分のパーツは安いものを採用せざるを得なくなります。

シャツで言うならボタンを、高級ブランドなら貝殻を。カジュアルブランドならプラスチックを使って原価を抑えるように。

ブルゾンで言うならジップを、高級ブランドなら良質なメーカーのものに。カジュアルブランドならノーブランドのものを使って原価を抑えるように。

 

一方でYMCLKYのデッキジャケットは、12,463円という破格の安さでありながら、肝心要のジップには「TALON」というメーカーのものを採用しています。

「TALON」は昔から服作りに使われている非常に丈夫かつ信頼のおけるジップメーカーで、ヴィンテージ古着でも使われているものが多くあるんです。

 

そして今売られているヴィンテージ古着のジッパーとしても問題なく使うことができる。

「TALONジップ」は古着好きも唸る仕様のひとつです。

 

正直なことを言うと、ぼくはこのデッキジャケットの作りがどれだけ素晴らしかったとしても、ジップにTALONを採用していなければ絶対に買っていなかったと言い切れます。

なぜなら、洋服は細かなディテール(仕様)に手を抜いただけで、他の部分がどれだけ素晴らしかったとしても、途端に見た目の全てが安っぽく見えてしまうから。

 

TALONジップを採用しているYMCLKYのデッキジャケットは、いち古着好きなぼくとしても誇りを持って着ることができるアイテム。

ハイブランドがこれだけのクオリティーにこだわってデッキジャケットを作るとなれば販売価格は5万円前後が相場。

それを12,463円という破格の販売価格で提供しておきながら、細かな仕様まで徹底しています。

 

スポンサーリンク

実際に1年以上愛用しているぼくが超おすすめするデッキジャケット

京都・大阪に全6店舗を持つミリタリーショップ「SEA BEES」が監修しているだけあって評判も上々。

ネット上で主に販売している楽天の販売ページでも評判は上々です。

 

それより何より、実際に1年以上愛用しているぼくも大満足しています。

何度も言いますがこれ、本当に1万円台で買えるクオリティーではありません。

今年のアウターは間違いなくこのデッキジャケットで決まり。心の底からおすすめできて、是非手に入れて欲しいアウターです。

 

どんな服とも合わせやすく、コーディネートも組みやすい便利なアウター

178cm 65kgのぼくはLサイズを着ています

中に着た白いTシャツはGUにて1,000円で買ったもの。カーディガンも古着で900円。

チノパンはUNIQLOで1,990円。スニーカーはお馴染みコンバース(正確には日本未発売モデルですが・・・)

 

これらで組んだカジュアルなコーディネートの上にデッキジャケットを羽織る。

ただそれだけで、ミリタリー感を生かした無骨で男らしいコーディネートを簡単に組むことができちゃます。

 

上の写真はコーディネートにおけるほんの一例。

YMCLKYのデッキジャケットはブラック、ネイビー、カーキ(ぼくが写真で着ているもの/オリーブ色に近いかも?)と、どんな服とも合わせやすい色味のものばかり。

ボトムスにはインディゴカラーのジーンズでも、定番の黒スキニーでも、スラックスでも何でもオッケー。

 

ただ暖かいだけじゃなく、どんな服とも合わせやすい色味と汎用性の高さが嬉しいところ。

これだから、気付いたら週の半分以上はデッキジャケットを着ていたりする訳です。

 

1万円台で買えるYMCLKYのデッキジャケットが本当におすすめ

ということで、ぼくも1年以上愛用しているYMCLKYのデッキジャケットをご紹介しました。

もう何度でも言いますが、この1着は機能性も、デザインもボタンやジップの仕様も、とても12,463円で手に入ってしまうクオリティーではありません。

とんでもなくコスパが良すぎるんです。下手なアウターを買うんじゃなくて、是非この1着を手に取って欲しい。

 

楽天でも高い評価を得ているYMCLKYのデッキジャケット。

1年以上愛用しているぼくも、心の底からおすすめする1着です。今年のアウターとして、是非手に取ってみてください。

The following two tabs change content below.

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。