柄アウターは個性演出の飛び道具。総柄Pコートを使ったコーディネートを考えてみた

ぼくが持っているアウターは黒かカーキばかり。似たような色味のアウターを何着か持っています。

コーディネートを組むときは、インナーにド派手なアイテムを仕込んだりしない限り、基本的にはアウターを主役として考える。

主役が引き立つように、他のアイテムとのバランスを考えながらコーディネートを組んでいく。

ぼくは、パズルを組み立てるような考え方でコーディネートを組んでいきます。

 

いつも同じような色味のアウターが主役になる冬のコーディネート。

インナーで雰囲気の違いを出すのも楽しいですが、それよりもっと面白そうなのは、主役となるアウターに個性的なアイテムを使うこと。

黒やカーキといった使いやすい色味の無地アウターを使うときと比べればコーディネートを組む難易度は上がるような気も。

しかし、実はよっぽど主張の激しいものを選ばない限りは、そんなこともないようにぼくは思います。

 

スポンサーリンク

iroquoisのジャガード織りネイティブ柄Pコート

ブランド古着で購入しました。ぼくが大好きなブランド、iroquoisの2013年秋冬アイテム、ジャガード織りのネイティブ柄Pコート。

いわゆる総柄と呼ばれる類のアイテムで、無地の真っ黒なPコートと比べれば主張はやや激しめ。

iroquoisが持つ魅力のひとつと併せて、この類の総柄アウターが凄いのは、単体で見れば合わせるのが難しそうな見た目でも、実際には「思っていたよりも使いやすい」というところ。

 

赤や青、黄色といった派手な色がカラフルに混じり合うようなアウターなら話は別。

ですが黒やベージュ、ブラウン系のアウターなら例え総柄でも案外、簡単に普段のコーディネートに溶け込ませることができます。

 

ジャガード織りを使って2色の糸を使い織り込まれたネイティブ柄。

一般的によく見るPコートは「メルトンPコート」が多いと思います。

その類のPコートは織った生地を縮絨させる(小さい頃に遊んだフェルト生地のようなイメージ)ことで作られていて。

 

一方でぼくが購入したPコートは、ジャガード織りという方法を使い織ることで作られたもの。縮絨させていない分、一般的なPコートとは手触りも着心地も異なっています。

厚手で裏地の付いたニットのような感覚でしょうか。やや伸縮性があるため、窮屈さを感じないのが嬉しいところ。

 

柄アウター(Pコート)を取り入れたカジュアルコーディネート

話を戻して、原色がチカチカするような類のアイテムでない限りは、例え総柄アウターであっても意外と簡単に普段のコーディネートにも取り入れることができるんです。

柄アウターを使うのが難しいというのは、いわば思い込みと言ってもいいのかもしれません。

 

例えば、古着のスウェットに黒スキニーというカジュアルなコーディネートに、総柄のPコートを羽織ってみる。

柄モノでも使いやすい黒やベージュ系なら、思っていた以上に何も難しいことを考える必要はなく、日頃のコーディネートにさっと取り入れることができちゃいます。

ぼくは赤いスウェットしか持っていないのですが、これがグレーのスウェットでもきっと可愛いはず。

 

こちらはおまけですが、ぼくが大好きな類のコーディネート。

iroquoisというブランドの凄いところは、アウターにもシャツにも、ボトムスにも総柄アイテムを採用したって「うるさくなりすぎない」ところなんです。

このコーディネートにキャスケットを被ったりして。そんな格好をサラッとしてしまうオジさんになれるよう、歳を重ねていきたい。

 

スポンサーリンク

柄アウターを採用するなら他のアイテムは無地orワンポイントを選ぶ

街を歩く人のほとんどは、アウターには無地のアイテムを採用しています。

それゆえ、コーディネートに個性を出したいと思ったら、柄アウターを採用すれば簡単にそれが実現できるのが嬉しいところ。

 

ただ、ひとつのコーディネートを組むにあたって、全身を同じブランドで固めて統一感を出したりしない限りは、柄アウターを採用するなら他のアイテムには無地のものを採用するのがおすすめ。

柄モノはコーディネートの印象を劇的に変えてくれる必殺技のようなアイテムですが、多用しすぎると柄と柄が喧嘩してしまい、ごちゃごちゃしたスタイルが完成します。

 

それだけは絶対に避けたいので、柄アウターを採用するなら他のアイテムは無地、もしくはワンポイントでプリントが入っているようなものを選ぶ。

使うなら、主役は柄アウター。その魅力を存分に引き出すために、他のアイテムは脇役に徹した方が絶対にいい。

 

黒やベージュ、ブラウンなど、落ち着いた色味ならば総柄アウターを使うことは、思っているよりも難しくない。

マンネリ化したコーディネートを打開するには持ってこい。

「柄アウターは難しい」と思っていた方も、この冬は是非挑戦してみてください。

The following two tabs change content below.

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。