マラソン使いに超おすすめ。安くて軽く、普段使いも可能なコスパ最強の腕時計

「何でフルマラソンに参加しようと思ったの?」と聞かれれば、1回目の参加は好奇心から。2回目は、完走したときの達成感を味わってしまったからでしょうか。

来月に人生2回目のフルマラソン参加を控えています。日頃から体を動かす機会があまりない生活をしているので、適度に運動をしようとジムに通い始めたのが最初のきっかけ。

せっかく走っているんだから、何か目標があってもいいかもしれない。そう思って、去年初めてフルマラソンに参加をしたのでした。

 

スタートから30kmが過ぎるくらいまでは、普段は10kmほどしか走っていないぼくでしたが、あまりペースを変えることなく走ることができて。

しかし30km以降は「30kmの壁」なんて有名な言葉がある程には、走り続けることを辛いと思うようになってきます。

もはやペースはガタ落ちでしたが、最後まで走りきれたのは間違いなく、コースを囲んで応援して下さった方々のお陰。

ハイタッチしながら「頑張ってください」と応援して頂けると、それだけで不思議と力が湧いてきます。

 

走りきった後に最高の爽快感と達成感、やり切った自分に少しの自信と誇りを感じられる最高のスポーツ、フルマラソン。

良好なコンディションで走り切るためには、ある程度は必要な準備もあったりします。

 

スポンサーリンク

フルマラソンにおける腕時計の必要性

まだ1回しか経験したことのないぼくが偉そうに語るのも恐縮ですが、フルマラソンを走るにおいて腕時計は絶対に持っておきたいな、と思いました。

普段は家の鍵とスマートフォンが入るポーチを腰に巻いて、Bluetoothのイヤホンで音楽を聞きながら走っています。

いざ本番となれば、音楽は聞かないしスマートフォンは重いだけ。ぼくは、なるべく身軽な格好で走りたい。

でも時間はいつでも確認したい。となれば、腕時計を使うのが最良の選択です。

 

ぼくが参加した沖縄、NAHAマラソンの場合はコースの途中に大きな時計がいくつも立っているんです。

それを見て時間を確認することもできますが、時計の前を通過するとき以外にも常に自分のペースは確認しておきたいところ。

 

「○km地点は○時○分に通過したから、あれから○分経ったのか。1kmを走るペースはこれくらいで・・・。悪くはないかも」

こんなことを考えながら走っていた去年のぼくは、直前になってドンキホーテにて500円で買った、ただ時間が表示されるだけの子供向けおもちゃのような腕時計を使いました。

それがあっただけでも、ないよりは断然良かった。おもちゃだったので捨ててしまいましたが、今年は今後のことも考えてもう少しいい腕時計を買おう、と考えていたんです。

 

CASIO スポーツギアの腕時計「LAP MEMORY 60」

とはいえ、スポーツ用腕時計といっても値段はピンキリ。Amazonでざっと見るだけでも、高いものなら2万円以上したり。

正直なところ、GPS機能やら心拍数がどうとか、ぼくにはあまり分からない。

なんせ去年はおもちゃの腕時計でも十分だと思ったんだから、それより耐久性があって軽いなら何でもいい。そう思っていました。

 

色々と悩んだ挙句、ぼくは”CASIO スポーツギア”シリーズの腕時計である「LAP MEMORY 60」を購入。

 

記事を書いている現時点(2018/11/11)でのAmazon販売価格は2,025円となかなか安い。

電池寿命は10年もあり、水泳にも使用できる最強の防水仕様。

タフな機能と走っていても邪魔にならない軽さ、普段使いできそうな見た目、最後に安さ。以上4点に魅力を感じて購入しました。

 

スポンサーリンク

LAP MEMORY60の詳細なディテール

値段の割にしっかりした箱から出てきたのは、これまたしっかりした台に乗った腕時計。

 

さらさらしたつけ心地のバンドは樹脂素材から成っていて、非常に軽い。

42kmも走り続けるのに、腕を振るたびに腕時計が重くて気になっていたりしたら、到底やっていられないので、軽さは正義。

汗をかいてもベタベタしないタイプなのが嬉しいところ。

 

デフォルトの時間表示画面には日付や曜日も表示されています。腕時計にこういう機能があると地味に便利なんですよね。

ぼくの親指が被っている「LIGHT」の文字はボタンになっており、押せば画面がオレンジ色に光ります。

暗い夜に走っていてもワンタッチで時間を確認できるのが便利。

 

ストップウォッチやタイマーも搭載し、スポーツウォッチとしての機能性も充実

立派な箱の中には、そこそこ厚みのある説明書も一緒に入っています。

LAP MEMORY 60は2,000円(2018/11/11現在のAmazon販売価格)という安さですが、スポーツウォッチとしての機能も充実。

マラソン初心者のぼくとしては、とにかく軽くて時間を確認できるだけでも十分なのであまり使わないかもしれませんが、これらの機能があるに越したことはありません。

 

LAP MEMORY 60の場合は走りながらボタンを押すことでこれらの機能を呼び出せるようですが、これが高い腕時計の場合はどうなっているんでしょうか。

基本的には同じように、走りながらボタンを押す必要はありそうですよね・・・?

それだったら、せっかく集中して走っていても気が散りそうなので、ぼくはLAP MEMORY 60で十分かな、と思っています。

 

普段使いもできるデザイン性。初心者ランナーに超おすすめ

腕に付けてみるとこの通り。なかなかボリュームのあるサイズ感で、カジュアルなファッションとの相性も抜群。

スポーツウォッチとして活躍してくれるディテールながら、見た目があまりにスポーティー過ぎることもないので、普段使いも余裕でできちゃいます。

 

ぼくのような初心者ランナーの場合、年に何度も出る訳ではないフルマラソンのためだけに高い腕時計を買うことは少し躊躇してしまいます。

それに、安かったとしてもせっかく腕時計を買うなら、普段使いもできるデザインの方が圧倒的にいいと思ってしまう。

 

そんなぼくにピッタリだったのが、このLAP MEMORY 60でした。

電池寿命10年、水泳にも使える程の防水仕様。タフな機能と、走っていても邪魔にならない軽さ、普段使いできるデザイン、おまけに安さ。

時間さえ常に確認できれば、おもちゃの腕時計でも困らずに走り切ることができた。

 

最低限の機能性と(LAP MEMORY 60は機能も充実していますが)、上で挙げたような魅力があれば、買わない理由はありませんでした。

初心者ランナーにおすすめの腕時計。これを愛用してぼくは、今年のフルマラソンも走り切りたいと思います。

The following two tabs change content below.

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。