理想の色落ちデニムと出会うのは、結婚相手を探すよりも難しい、たぶん。

東京に引っ越してから、色々な場所が近くてとても嬉しいです。

新宿、渋谷、高円寺、下北沢・・・。ブログのネタを探しに、色々な場所にある色々な服屋さんに足を運んでいます。

 

今日は下北沢に。古着屋さんが無数にあるので1日で全てを制覇することは難しいと思いますが、通いつめて好きなお店に出会うことができたらいいな、と思っています。

 

特にどんな服を探すでもなく、どちらかといえば、どんなお店があるのか知ることに重きを置いて徘徊。気付けば3時間ほど経っていました。

それでも全体の5割くらいしかお店を知ることができなかったような。

 

スポンサーリンク

理想のデニムと出会うのは、結婚相手を探すよりも難しい、たぶん。

加えていつからか、理想的な色落ち具合、色味をしたジーンズを探す旅になっていました。ブランド古着屋さん、普通の古着屋さんを含めたくさんのお店を回る。

結果、ぼくが理想とする色味のジーンズは見つけることができませんでした。3時間くらい徘徊して、1本たりとも。

 

疲れてきて、徐々に思考力、判断力が鈍ってきて、最後の方には少しでも「いいな」と思った服があれば、「あれ、買っちゃおうかな」なんて思っていたり。

余計な買い物をする気配しかなかったので、買い物を中断して視界に入ったカフェで休むことにしました。

 

近くにあったマックに入ろう・・・でも、レジ前に並んでいるから辞めよう。すぐに座りたい。

どこかカフェに入ろう・・・。視界に入ったウェンディーズ。気付けば、食べたいと思ったものとは別のハンバーガーを、ポテトを、飲み物を頼んでいました。

席に座って冷静になってから「あれ、あっちのハンバーガーと飲み物が欲しかったんだよな」と思ったり。

もっと言えば、少し前から楽しみにしていた食事会(?)が数時間後にあるのに、その前にハンバーガーを食べちゃうなんて。

3時間、休憩もなく服屋さんを巡っているとさすがに疲れるものですね。思考力が低下しまくっていて、まともな判断ができませんでした。

 

なんて状況になりつつも、ですよ。3時間ほど下北沢の古着屋さんをたくさん歩き回って、それでいて理想の色味をしたジーンズには一切出会うことができなかった。

薄々感じていたことですが、一言に「ジーンズ」と言ってもそれぞれ色味やシルエット雰囲気がまるで違うそれら。

自分が本当に「穿きたい」と明確にイメージしている1本に出会うことは、改めて本当に難しいことだと感じました。

 

妥協せずに理想を追い求めるとなれば、結婚相手を探す並みに難しいんじゃないかな・・・たぶん。探したことはないけれど。

 

何だかんだで学生の頃から、探し求めている理想の色味は大して変わっていないように思います。

以前手に入れたLevi’s VINTAGE CLOTHINGのそれも、ブランド古着屋さんで購入し、家に帰って鏡の前で穿いたときに初めて、股下に穴が空いていたことに気が付き手放して。

いつになったら理想の色味をしたジーンズに出会えるのでしょうか。この前購入したChampionの赤いTシャツに合わせて無骨に穿けるような、理想の1本。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」