アウターの暖かさを左右する。同じポリエステル素材でも違う中綿の選び方

寒がりなぼくは、アウターを買うときにこだわっているポイントがあって。

ひとつの記事じゃ語りきれないくらい、それは色々とあるのですが、今回は”中綿”編。

中綿にもこだわってアウターを選ぶようにすれば、より保温性の高いものに出会えるようになります。

 

ちなみに中綿とは、よく秋冬モノのブルゾンやコートの表面と裏地の間に入っている、いわゆる詰め物のこと。

これがあるのとないのでは、アウターの保温性は大きく変わってきます。実際、春物のライトアウターには中綿が使われていないものがほとんど。

秋冬に比べて気温が高いため、保温性を上げる必要もないからです。むしろ中綿を入れてしまうと、春に着るには暑すぎるアイテムになってしまいます。

 

話を戻して、ぼくが秋冬にアウターを探すときの、ひとつの基準としている中綿の選び方を記事にしてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

前提として、アウター表面の生地は防風性のあるものがベスト

いくら中綿に高機能素材を使っていても、それはあくまで中綿の話。それ以前に、アウター表面の生地が風を通しやすいものだと、高機能素材の保温性も半減します。

デザインに左右される部分もあるので一概には言えませんが、がっつり暖かさだけを追い求めるのなら、アウター表面には風を通しにくい生地を使っているものを選ぶのがベスト。

 

代表的なものとしては、ナイロンやポリエステルがあります。山登りに使うような本格的な洋服の場合は、表面にもそういった生地や素材を使っていることが多く。

加えて中綿にも高機能素材を使っているため、「暖かさで言えばアウトドア系ブランドが最強」と言われていますよね。

 

高機能素材でも、品質表記は”ポリエステル”

本題へ入る前に、ひとつだけ補足しておきたいことがあります。

中綿に保温性の高い、いわゆる高機能素材を使っていたとしても、コートやブルゾンの品質表記タグには中綿の素材表記を”ポリエステル”としていることがほとんど。

高機能素材を作るにしても、元はポリエステル。素材は一緒ですが、仕組みが違うから、それを指す名称が存在するんです。

 

これからご紹介する”シンサレート”に関しては、ごくたまに裏地にその旨を示すロゴが取り付けられている場合があります。

しかし大抵は中綿の品質表記も”ポリエステル”とあるだけなので、それが高機能素材を指しているのかは、店員さんに直接確認するしかないんです。

 

スポンサーリンク

羽毛よりも暖かい”Thinsulate (シンサレート)”

誰もが冬に掛け布団として使う、羽毛布団。そこに使われている羽毛よりも暖かい高機能素材としてその名を馳せたシンサレート

羽毛をファッションアイテムとしてよく聞く名称に言い換えれば、ダウン。

 

冬の定番アウターとして人気のダウンジャケットは、その名の通り中綿にダウンをたくさん使っているからこその暖かさがあります。

正確に言えば、名前こそ”ダウンジャケット”でも安いものだとダウンを中綿の数パーセントしか使っていないので、保温性はそこまで優れていなかったり。

中綿にダウンをたくさん使っているアイテムだと、保温性は抜群ですが販売価格は高めだったり。個人的には、ダウンは中綿の6~7割くらい使っていて欲しいと思っています。

 

でもでも、ただダウンをたくさん使っていれば暖かいって訳でもなく、この辺りはジャケットの表面が風を通す素材かどうかによっても大きく変わってきたりして・・・。

長くなりそうなので、ダウンジャケットに関しては別の記事で失敗しない選び方を書きたいと思います。今回は話を戻して、高機能素材に関して。

 

シンサレートは、そんなダウンよりも暖かい中綿として人気の高機能素材。

ポリエステルで作れるため、天然素材のダウンを使ったアイテムよりも安く手に入れることができるのも嬉しいところ。

 

ダウンにはない撥水性も兼ね備えた”プリマロフト”

一方でダウン同等に暖かく、中綿に使われる他の素材は持っていなかった撥水性までも兼ね備えているのがプリマロフト

実はダウンって雨などによる水濡れにはめっぽう弱いんです。

レザーにしても、ダウンにしても、元々は動物の体の一部であったはずなのに、人が加工を施すと色々な理由から水には弱くなってしまうみたいで。

 

プリマロフトは、ダウンにはない撥水性も兼ね備えた、これまたポリエステルが素材となって作られる高機能素材。

水に強い特性を持っているため、登山の際に着る本格的なマウンテンパーカー等、アウトドアブランドが作る服によく使われます。

 

プリマロフトはシンサレートに同じくポリエステルから作られる素材ですが、個人的にはダウンを使ったアイテムよりも販売価格が少しだけ高い印象。

しかし前述したようにダウンよりも水に強いため、雨に降られた日でも手入れはきっと楽なはず。

 

アウトドアウェアは機能性が命であり、売り。

その違いを消費者にも分かりやすくするためなのか、ぼくが持っているBEAMS×THE NORTH FACEのステンカラーコートには”プリマロフト”のロゴ表記がありました。

 

アウターに保温性を求めるなら、中綿の種類にも目を向けて

寒い冬、コーディネートを工夫して保温性を上げるためには色々な方法があります。

アウター単体には保温性を求めない。その代わり防風性の高いものを選んで、中にインナーダウンやフリース、ヒートテック等を着込む方法。

アウター単体で保温性に優れたものを選んで、インナーは自分で好きなものを着る方法。

 

重ね着を楽しみたいなら前者を、お店に入ったときをはじめとして、暖房の効いた場所では身軽でいられるようにしたいなら後者を。

それぞれ好きなスタイルを選んで楽しむ冬のファッション。

後者を選ぶなら、アウターに使用されている中綿の種類にも目を光らせておいた方が、より保温性の高いものと出会えるようになるでしょう。

 

この記事でご紹介した中綿における素材の価格帯としては、ダウンを使ったものとプリマロフトを使ったものが同じくらい。シンサレートはやや安め。

保温性に関して言えばシンサレートがいちばんで、ダウンとプリマロフトが同じくらい、といったところでしょうか。

 

前述したように、いくら中綿が暖かくてもアウター表面の生地がどれほど風を通すかによって体感も変わってくるので、一概には言えませんが・・・。

ぼくの場合は自分が着たいデザインをした服の中でも暖かさを追求したことで、表面の生地こそコットンとナイロンの混合生地ですが、iroquoisのブルゾンだったりを選んできました。

 

その服に使われている中綿にまで目を向けて選んでみると、今まで以上に暖かく冬を過ごせるようになります。

素材のひとつひとつに着目する服選びも楽しいもの。たまにはそんな楽しみ方してみると、きっと新鮮で面白いはず。

 

余談ですが、以前、人間が着る洋服を作るため、嫌がっている動物の毛を強制的に刈り取っている動画を見たことがあります。

暴れまわる動物に暴力をふるってまで行われていたその作業。天然素材よりも暖かい高機能素材が普及すれば、動物に頼らない未来もきっと遠くはないはずです。

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。