太めベージュチノを大人っぽく穿くための、ぼくが好きな組み合わせ

最近すごく好きな組み合わせ。サービスシューズと太めのチノパン。

 

古着屋さんで買ったサービスシューズと、Uniqlo Uのワイドフィットテーパードアンクルチノ。

土管のようにストンと落ちる、肉厚な生地のチノパン。ここ最近ヘビロテしているためか、新品当時にあったテカテカの綺麗な生地感ではなくなってきました。

部分的に白っぽくなってきていたりして、今後は男らしい経年変化を見せてくれそうな予感。これからの変化が楽しみです。

 

そこにカジュアルな雰囲気を持ちながら、カッチリとした見た目のサービスシューズ。

スニーカー、SUPERSTARを合わせて思いっきりカジュアルなコーディネートにしてしまってもいい。

ただ、最近ぼくの中では部分的にカッチリとした雰囲気の洋服を取り入れて、全体の印象を少し引き締まったものにするのがマイブームなのでした。

 

思いっきりカジュアルなベージュのチノパン。穿くとコーディネートが途端に、そして思いっきりカジュアルなものになるので、なかなか難しいんですよね。

上手く使えば、いつもジーンズばかり穿いているぼくのコーディネートにアクセントを加えることができる劇薬に。

使い方を考えないと、中高生の頃にしていた服装と何ら変わりない、カジュアルで可愛すぎるコーディネートが完成します。

 

そんなチノパンを、ぼくの感覚で気持ちよく、そして絶妙なバランスで穿きこなすための、ライフハックのようなもの。

ベージュのチノパンを穿く日には、足元にスニーカーではなくカッチリした雰囲気の革靴を合わせる。そこに、サービスシューズはばっちり合ってくれて。

 

今日はたまたま暑いのでくるぶし丈の靴下を使っています。それゆえ、ロールアップした足元からはくるぶしが覗いていますが、秋冬には靴下で差し色をするのもいい。

それだけで途端に大人っぽいコーディネートに近付けることができると思うんです。

 

もちろん、チノパンをロールアップせずに穿いてもいい。

ベージュのチノパンに、サービスシューズ。お互い合わせるものを選ばないこの組み合わせで下半身を固めれば、それこそトップスには何を持ってきても格好よくしてくれる。

太いボトムス・・・特にベージュのチノパンに、カッチリした雰囲気の革靴。

この組み合わせは個人的にずっと「格好いいな」と思いながら見ていたもので、いよいよそれを自分が納得のいくアイテムだけを使って再現していることに、気分が上がります。

 

ちょっと古着屋の店員さんっぽくもあるスタイル。秋冬、N-1やMA-1をはじめとしたミリタリー系のアイテムと合わせたときのコーディネートを考えるのも、また楽しみです。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」