2018年秋冬、個人的に気になっている洋服たち

2018年秋冬シーズン、現時点でぼくが気になっている洋服たち。

今年は、こんな服を着たいなと思っています。

 

スポンサーリンク

レタードカーデイガン

カーディガンって今まであまり着てこなかったのですが、今は古着のレタードカーディガンが気になっています。

コーディネートを組むのが下手なぼくとしては「カーディガンを着るときって、下に何を合わせるのがいいの?」が本音。

普通に考えてシャツかTシャツを着るしかないと思ってはいますが、レタードカーディガンを際立たせてくれる、いわゆる”脇役”の洋服を持っていないぼくにはそれが難しい。

色味にもよると思うけれど、カーディガンと合わせて相性のいい脇役ポジションのシャツやTシャツも一緒に手に入れる。今年の秋冬はレタードカーディガンが気になっています。

 

フリースベスト

寒がりなぼくが、真冬に暖かい格好をするために色々と考えた結果、アウターには防風性のあるものを選ぶのが大正解。

別に、分厚かったり、アウター自体の保温性が高い必要って実はそんなにないんです。

ただ、風を通さないことが真冬でも暖かく過ごすために大切ないちばんのコツ。

 

ぼくの場合はマウンテンパーカーや、ステンカラーコートを持っています。単体で暖かい訳では決してないけれど、防風性には定評のあるアイテムたち。

インナーダウンやフリースを組み合わせる。風を遮る仕事はアウターに任せて、インナーに保温性のあるアイテムを持ってくる。

 

PatagoniaのレトロXなんかが気になっています。

ただ、これもカーディガンと一緒で、フリースベストの下にどんな服を合わせるかが思い浮かばなくて。

買ってみてから、実際にコーディネートを考える過程で仕上げていけばいいと思っています。まずは理想のフリースベストを探すところから。

 

スポンサーリンク

リバースウィーブスウェット

古着屋さんで大人気、Championのリバースウィーブ、スウェット。

よく行っていた柏の古着屋さんで店員さんに進めて頂いて以来、気になっているアイテムです。

あのゆるい独特のシルエットに惹かれました。そりゃあ、中毒者も続出するよな、と思う。

 

自分好みの色、サイズをした1着に出会いたい。思えば冬ってニットばかり着ているので、スウェットが欲しいです。

 

男らしく色落ちしたLevi’sの古着デニム

PETIT STANDARDを育てるのもいいけれど、たまにはゴリゴリに男らしく色落ちした王道Levi’sの古着デニムも穿きたいと思うようになってきました。

古着や、無骨なアイテムと合わせても相性のいい1本を。安い古着屋さんで何でもない501をガサガサ探すのが楽しそう。

 

秋冬のキーワードは”オールドルック”

今気になっているアイテムを並べてみると、どれも古着ばかり。

古着ってその雰囲気はとても好きなのですが、サイズ感にこだわってセレクトしているお店に行かないと、あまりに大き過ぎて着れないと思ってしまうものに出会うことも。

 

その辺りが難しいと古着初心者のぼくが思うので、そのディティールを取り入れて服作りをしているデザイナーズブランドが大好きだったりします。iroquoisなんてまさにそうで。

 

秋冬のキーワードはオールドルック。そこに憧れるのも、サービスシューズを手に入れて、その使いやすさ、合わせやすさに感動したからなのかもしれません。

あれがあると、コーディネートの幅がかなり広がります。

 

理想的なサイズの古着に出会えるといいな。都内でおすすめの古着屋さんがあったら、是非教えてください。

 

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。