流行っているから欲しくなる?有名だから欲しいだけ?

SupremeのボックスロゴTシャツ、パーカー。AdidasのYEEZY BOOST、BALENCIAGAのトリプルS・・・。

今の世の中を席巻しているアイテムは、どれもストリート。もしくはモードストリートな雰囲気のアイテムが多いですよね。

 

これは、ここ数年ずっと、世界的に”モードストリートスタイル”が流行っているから。

流行っているということは、皆が同じ服を着ているということ。

皆が同じ服を着ているということは、多くの人がそれを認めたということ。

本能的に「皆と同じでいたい」日本人にとって、皆と同じということは、いいこと。

 

流行っているものは、街中でよく見かける。

よく見るものって欲しくなる。見る回数が多ければ多いほど気になって、積み重なって欲しくなる。

 

ぼくたちはその服を、流行っているから欲しくなるのでしょうか?

おしゃれな人たちがこぞって着ているから、同じものを着たら自分もおしゃれに見えるから?なった気分を感じられるから?

単純に見る機会が多くて、自然に欲しくなるから?自分もそれをやってみたいと思うから?

 

ぼくたちが流行っている服を欲しくなるその理由って、何なのでしょうか。

捻くれ者のぼくは、流行をコーディネート・・・すなわち全身単位で取り入れようとはまずしません。

流行に乗っかってしまうミーハーな自分に嫌気を感じるから。自分の意思がなくなって、自分で「俺はこれが着たい」と選んでいる感覚がなくなりそうだから。

 

流行っているものを単体で欲しくなったりするのは、割とよくあることで。

ぼくの場合その理由は、きっと”よく見かけるから”なのだと思っています。

 

自分のコーディネートに取り入れたらどうなるんだろう?

少し感じている野暮ったさを払拭したくて、流行りのアイテムをピンポイントで取り入れてみたくなったりします。

「やっぱりこれを着てるとミーハーな奴っぽくて嫌だな」と思うことも、あるにはありますが。

 

スポンサーリンク

Supremeは”ボックスロゴ ”以外、人気がない?

皆、流行っているものが好き。それは、Supremeというブランドを見ていると分かりやすくて。

ブランドを代表するアイテムとなっている、ボックスロゴのアイテムシリーズ。シンプルなブランドロゴを赤い枠で囲い、Tシャツやプリントに施したもの。

 

日本でも多くの影響力ある芸能人が着ていたりするだけあって、加えて毎回少数しか販売されていないだけあって、二次市場においてはプレミア価格で取引されています。

3万円ほどのパーカーは10万円を超える。8,000円ほどのTシャツも数万円に。

 

一方で、お店に足を運べば基本的には他ブランドとのコラボアイテム、もしくはボックスロゴのそれ以外は普通に販売されています。

ざっくり言ってしまえばこれは”Supreme自体が特別人気”なのではなく、”コラボアイテムやボックスロゴが人気”ということ。

有名なブランドとコラボした服だから格好いい、おしゃれ。ボックスロゴは流行っているから格好いい。

 

ぼくも最近、Supremeで初めてキャップを買いましたが、それは「このロゴ、生地感をした”このキャップ自体が格好いい”」そう思ったから買った訳で。

流行っているから、芸能人が着ているから、有名だから格好いい。そういう考え方になってしまったら、少し怖いなと思います。

 

流行っているから欲しくなる?

自分が本当に、自分の気持ちで着たいと思える洋服を、着ていますか?

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」