着れなかった服を、着れるようになったときの喜びと変化の証

前の記事でも書いてみましたが、買ったけどあまり着ていない服、あるいは着れないなと思った服って、誰にでもあると思うんです。

合わせる服は思い浮かぶけど、着回しが思い浮かばないからワンパターンになってしまう。結果、すぐに飽きてしまう。

もしくは、単体での個性が強すぎてコーディネートを考えるのが難しかったり。色々な理由で、買ったものの着れない服、着ない服ってあると思います。

 

クローゼットを漁っていて、そんな服が出てきたとき。その時点でデザインを気に入っていなければ、すぐに手放してしまいます。

一方でデザイン的に着れないこともないけれど、あまり着てこなかった服。そんなものを見つけたときって、何だかワクワクした気分になって。

 

というのも、今の自分なら着れるかな、って考えが頭を過ぎるんですね。

買った当時は着れなかった。好きで買ったけど、着回しやコーディネートが思い浮かばなくて着れなかった。

でも、今のぼくなら。

 

ずっと着ていなくて、懐かしいなって思う服。その大半は買ってから1年以上が経っているものだったりして。

それをひさびさに手にしたとき、どこかで挑戦してみたいって気持ちが出てくるんですね。今のぼくなら、この服を楽しみながら着ることができるのか。

 

できたなら、それは成長の証。

成長と言ってしまうと意識の高い感じがしてしまうので、変化の証拠とでも言うとして。

 

買ったときは着れなかった服を、今はすんなりとコーディネートに取り入れることができる。

これって、単純に自分の着回しスキルが上がっていたり、幅広くファッションを楽しむためのキャパシティが増えている証拠だと思うんですね。

 

そんな瞬間を体験するのって何だか楽しくて。

ぼくは基本的に、ファッションって飽きとの戦いだと思っています。どれだけ好きな服でも飽きる。

今のコーディネートがお洒落かどうかは置いておいて、単純に新鮮さに欠けるから服を買う。それだけだと思っているんです。

 

その点、捨てずに持っていた服に新たな角度からアプローチを仕掛けて着れるようになると、今までになかった楽しさを感じることができる。

お金をかけて新しい服を買わなくたって、新鮮な感覚を味わうことができる。

自分がその服を着なかった期間に買った服と、それの相性がいいから着れたりもする。

これだから、久々に視界に入ってしまった服は手放すことを渋ってしまったりします。最初にも書いた通り、デザインの好みが変わった場合でなければ。

 

本当は手放そうと思っていた服なのに、いいんだか悪いんだか。

人によっては「捨てられないだけじゃん」と思うことかもしれませんが、そこでしか味わえない感覚があるからまた、服を着ることって楽しくて。

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。