「一着買ったら一着手放す」制度で、手元には本当に好きな服だけを。

ファッションブログを書いている以上、せっかく買った服はやっぱり紹介したい。自慢したさもある。その服の魅力を、もっと多くの人に知って欲しい。

買った理由を書いて、読んでいる人に「洋服選びにはこんな楽しさと側面もあるんだ」なんて思ってもらえたら、もっと嬉しい。

そう思って日々ブログを書いている、んだと思います。

 

買えば買うほど増える服。それも、ぼくはそろそろ買うことだけじゃなくて減らすことも覚えなきゃいけないと思うんですね。

ということで、洋服を1着買ったら1着売る。この制度をぼくは、自分で導入していきます。

 

スポンサーリンク

本当に着る服、必要な服って実は限りなく少ない

ぼくは今、引っ越しの準備をしているのですが、その過程でオフシーズンの服からダンボールに詰めたりしてみて。

結果、感じたんですね。本当に着る服、必要な服って実は限りなく少ないんじゃないかって。

 

好きな服はいいんです。めちゃくちゃ気に入っている服なら、たまにしか着ないとしても手放す必要はない。

まだ手に入れてからシーズンに入っていないので着用頻度がどうなるかは分かりませんが、やっとのことで手に入れたMIHARA YASUHIROのスカジャンなんかは、そんな感じ。

 

ただ、それ以外の服に関しては、手放すか持っておくか、一瞬迷うようなものが多いのも事実で。

前に読んだ本に「触れてもワクワクしない服は手放すべき」とありました。

直感を大切にして、身の回りを本当に好きなものだけで囲んでおこう。お気に入りの物だけに囲まれた生活は、それだけでワクワクするから、と。

 

便利な物が増えすぎて、そのせいで物を持ちすぎて、物を使うはずが物に縛られている感覚すら感じる今の時代。

時々、リュックひとつで旅行へ行ってみたりすると感じます。たったこれだけの荷物でも生きていけるんだ、なんて本来の身軽さに気付かされたり。

何かと窮屈さを感じることが多い時代、ミニマリズムの思想が支持される理由もよくわかります。

 

ただ、そこまで行かずとも、ぼくはまず洋服から。本当に好きな服だけを残して、これから1着買うごとに1着、何かしらの洋服を手放すことにしました。

 

引き算をすることで見えてくる世界もある

新しく洋服を買うということ。それは、今まで知らなかった新しい自分に出会うこと。ぼくはイコールだと思っています。

だからぼくは洋服が好き。どんな自分なら、いちばん輝いていられるのか。常にそれを探求し続けている気分です。

 

服を買い足すことは、足し算。一方で、引き算をすることで見えてくる世界もあると思うんですね。

好きな洋服以外を手放してみる。手元には本当に必要なものだけが残る。そんな引き算をすることで、自分の本質に目を向けてみるというか。

 

コーディネートのバランスを考えるにしても、本当に必要な洋服や好きな洋服に絞って、他を手放してみるにしても、もうすぐ誕生日を迎えて24歳になるぼくの課題は”引き算”になりそうです。

1着買ったら1着手放す制度、今日から始めよう。

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。