その柄シャツって、本当に好きで着ているの?

毎年、夏になると白無地Tシャツばかり着てしまうぼく。

シンプルなのでどんなボトムスとでも合わせることができ、コーディネートを考える必要がほとんどない。つまりとっても楽。

PETIT STANDARDと合わせてサンダルを履くだけでもおしゃれに見せることができるので、本当に愛用しています。

ちなみにぼくが購入した今年の相棒となる白無地Tシャツはこちら。

この他には少し前に買ったGosha RubchinskiyのTシャツを着たりして夏を過ごしたいと思っています。

 

そんな風にシンプルの極みとも言える白無地Tシャツばかりを着て日々を過ごしていると、時には退屈さを感じることもあり。

スキニーパンツが流行った次にはワイドパンツが、ノームコアが流行った次にはド派手な総柄モノが流行ったり、ファッションの流行ってそのほとんどは”反動”から成るもの。

ぼくの中でもそんな反動がワンシーズン・・・いや、数ヶ月の間でも起こり、シンプルな白無地Tシャツばかり着ている反動から時折ド派手な柄シャツを着たくなります。

 

スポンサーリンク

ネイティブ・アメリカンを彷彿とさせる総柄シャツ

ぼくが今回買い足したのは、ネイティブ・アメリカンを彷彿とさせる総柄シャツ。

この手の柄シャツってコンテナ単位で仕入れるような安い古着屋さんにたくさんありますが、ジャストサイズってなかなか存在しなくて、どれも大きめで。

適度なサイズ感のそれを買おうとすればセレクトの効いた古着屋さんに行くしかないのですが、そこで買おうとすれば相場はおよそ5,000円〜7,000円くらい。

柄シャツが欲しいことは確かですが、こういうインパクトの強いアイテムってすぐに飽きてしまうことが多いので、そこまでお金をかけたくなかったりもして。

それに古着屋さんで柄シャツを買うのって何だか予定調和な感じがして退屈に思ってしまうので、今回はフリマアプリを使って購入しました。

 

古着の総柄シャツによくある、テロテロなレーヨン生地で作られたもの。

夏になると何故かワルな格好への憧れが出てきて、雑誌『RUDO』を買ってみたりもするぼく。

その影響で総柄シャツと同じくらいボーリングシャツを着たくなったりするのですが、ルードブランドが展開するそれらって洗えないレーヨン生地で作られたものが多くて。

対して古着の総柄シャツって通気性が高くて涼しい上、乾きやすいレーヨン生地を使ったものがほとんどで、ガンガン洗っても縮まないのが大きな魅力です。

それに安いから雑に着たって心配ないし、いいことだらけ。

 

関係ないけど、古着の総柄シャツってそのほとんどが毎度見たことのないブランド名をしていること、多くないですか?

ぼくの中では勝手に古着シャツあるあるになっています。そしてブランド名に意味があるのかないのか、よくわからない。

NATURAL ISSUEって・・・これもまた意味があるようで、なさそう。

 

個性は作るんじゃなくて自然に溢れ出るもの

学生の頃、洋服に興味を持ち始めたその頃。大学生だったのですが、当時のぼくはひたすらに柄シャツばかりを着ていました。

雑誌を読んで、おしゃれなコーディネートを真似てみる。周りを見渡してみると、自分と同じような格好をしている人が多いことに気付く。

少しずつ変化をつけてみる。無地しか着たことがなかったカーディガンも、ボーダーに挑戦してみたり。

そのうち、そんな変化じゃ物足りなくなってくる。もっと特別でありたい。周りの人と違っていたい。

原宿の個性的な古着屋さんに足を運ぶようになり、ド派手な柄シャツを買ってみる。股下が膝くらいまであるサルエルパンツを買ってみたりもする。

それが徐々にエスカレートしていって、真っ赤な燕尾ジャケットにそのサルエルパンツ、ハットを被って丸メガネ。マジシャンみたいな格好をしたこともあった。

どこまで行っても満たされない。周りにおしゃれな人が、個性的な人がいれば、負けてられないと自分も新たな格好に挑戦してみる。

 

そんなことを繰り返すうちに気付きました。ぼくはこれらの派手な服を、本当に好きで着ているんじゃないことに。

ただ目立ちたいがために買っただけだから、すぐに飽きて着なくなってしまっていたことに。

ぼくは好きでもない服を着て、派手な柄のシャツを着て無理に自分を個性的な人間に仕立て上げようとしていたんです。

 

人と違っていたいと思う気持ちは今でもあります。でも、その経験から気付いたこともあります。

個性って作るんじゃなくて、自分の内側から自然と溢れ出てくるものだということ。

だから無理して好きでもない派手な服を着て、周りから驚かれようとしたって、やっていることの中身は空っぽだということ。

個性的でありたいなら外を見るんじゃなくて、尚更自分の内側と向き合うことが大切なんじゃないかなって、ぼくは思いました。

もう無理に好きでもない柄のシャツを着ることはしない。ただぼくが好きな服を着る。純粋なぼくの”好き”が、ぼくの持っている個性だと気付いたからです。

 

にしても柄シャツを着ると、ボトムス選びに毎度悩んでしまいます。

PETIT STANDARDを穿くと予定調和な感じがして退屈だし、黒スキニーも退屈だし、ワイドパンツも定番過ぎるし。

今年の夏は、白無地Tシャツや柄シャツと合わせても予定調和を感じさせないボトムスに出会うことが、ちょっとしたテーマだったりします。

そんな素敵なボトムスに出会えたらいいな。もし出会えたら、また記事にしようと思います。

The following two tabs change content below.

一点モノのハンドペイントTシャツを販売中

某ブランドのパロディーTシャツを販売していたところ、本家からお叱りを受けてしまいました。

よってプリント部分を隠しつつ、ハンドペイントやブリーチを施してオリジナルのTシャツにリメイク。

それぞれ完全に一点モノとして生まれ変わったTシャツを販売しています。