ZOZOSUITがアパレル業界に与える影響を考えてみた

さっきまで、AbemaTVにて放送されていた『AbemaPrime』を見ていました。

毎週金曜日は紗倉まなさんがレギュラーなので、家にいるときはできる限り見ています。

その中で今日は、今話題のZOZOSUITに関する特集が放送されていたんです。

 

ZOZOSUITはZOZOTOWNが制作・配布している、着た人の体型を計測するために作られたもの。

そのデータを参考に、ユーザー1人ひとりにバッチリ合ったサイズの洋服を販売できるという画期的すぎるアイテムです。

洋服が好きでZOZOTOWNを使ったことがあるぼくとしてもこれは本当にすごいと思って、すぐに注文をしました。

 

確かにサイズ選びに困らなくなるのは画期的。AbemaPrimeのスタジオでも、そしてコメント欄でもその話題で持ちきりでした。

 

ただ、一方でぼくは現時点でZOZOTOWNをはじめネット通販で洋服を買うことがあっても、それはごく限定された欲しいものを買うときに限ります。

どうしてかというと、個人的にサイズ選びよりも困っている問題があるからです。

 

スポンサーリンク

洋服そのものの雰囲気を把握できない

ぼくが個人的に持っている、ネット通販をであまり洋服を買わない理由はいくつかあります。

うちひとつが、画面越しでは洋服の生地感がわからないこと。

デザインはスマホでもパソコンでも一見すればすぐに分かりますが(厳密には画面越しと実物で色味や雰囲気に違いはあれど)、その生地感はわからない。

 

服の厚みだったり、ツヤやハリの有無だったり、柔らかさだったり。

洋服を選び着る上でかなり大事なポイントであるそれらを把握することも、生地感が分からなければ難しいんですよね。

そのため自分が前々から好きで実店舗に通っているブランドの服だったり、お店で見て欲しかったけど後日になって売り切れていたものだったり、そういった服を買うときにしかぼくはネット通販を使っていません。

生地感が分からないと、その洋服が持っている雰囲気が分からない。よくある「イメージと違った」は、これが原因となって減らないように思います。

 

自分に似合うかどうかがわからない

もうひとつは、その服が自分に似合うかどうかがわからない点です。

こればっかりは実物を目で見て確かめて、試着するしか解決する方法はありません。

 

スポンサーリンク

それらは「おまかせ定期便」が解決済み。ただし・・・

とはいえこれらの問題は既にZOZOTOWNのおまかせ定期便というサービスが解決しているんですよね。

おまかせ定期便とは、申込者の好みに合わせてそれに適した洋服を毎月家に届けてくれる便利すぎるサービス。

それでいて届いた洋服を全て買う必要はなく、気に入らなかったものは返送できるので買う必要がありません。

つまり洋服の実物を見て生地感を確かめ、着て自分に似合うかを判断した上で買うかどうかを悩むことができるんですね。これで服屋さんへ足を運ぶ必要がなくなります。

更にZOZOSUITと連携して、完璧にサイズの合ったそれらを配送してくれるという。

 

めちゃくちゃ便利なサービスですが、ただぼくが気になっていることがひとつ。

そもそも洋服が大好きな人はサービスの対象外なのかもしれません。

 

やっぱり洋服が好きなぼくからすると、送られてくる対象ブランドの服は正直なところ、どこか退屈に思ってしまいます(あくまでネット上にあるレビュー動画や記事を見た範囲での感想ですが)

繰り返しますが、そもそも洋服が大好きな人はサービスの対象外なのでしょう。

だからぼくらは、今後テクノロジーがどれだけ進もうとも実店舗に足を運ばなくなる事態は起こらないと思います。

 

その点に関しては、購入した商品が家に届いてからのお試し期間(例えば商品到着から7日以内であれば「イメージと違った」等の理由でも返品可など)があると嬉しいところ。

それか送り返す手間を省けるほどにテクノロジーが発達した未来なら、何かしらの方法で注文を介さずに洋服の雰囲気を感じ取れるようになったりするのかな。

もはやドラえもんの世界だけど、パソコンの画面から気になっている洋服のサンプルが出てきて実際に触れたり試着できるようになる、とか・・・。

 

洋服オタク御用達の服屋だけが実店舗を残す

とはいえそんな夢物語が実現するのはまだまだ先の未来だと思うので、洋服オタクのぼくらは実店舗へ足を運んで買い物をすることになりそうです。

むしろ、テクノロジーが発達していくと、最終的に洋服屋さんの実店舗へ足を運ぶ人のほとんどは異様なまでの洋服オタクだけになっていくのではないでしょうか。

 

基本的にネット上でのサービスは”大多数”の人たちに向けて開発・発達していくものだと思うので、”その他少数”の人たちは対象外。

否が応でも今まで通りに服屋さんへ足を運んで洋服を買うしか道は残されていません。

ただ、そこまでテクノロジーが発達してもなおサービスに頼らず実店舗で洋服を買うのって、異様なまでの洋服オタクだけになるはずです。

 

これから先の未来、さらに活発化していくネット通販サイトのサービスから逃げ切って生存し続けることができるのは、洋服オタクを惹くだけの相当な魅力があるブランドだけ。

たとえ高級だったとしても、そこに魅力とこだわりを持っていれば生き残っていくのではないでしょうか。

その信念に共感した強烈なファンを持っているブランドだけが生き残る。

 

それ以外になった途端、ブランドは今後続々と出てくるであろうおまかせ定期便のようなサービスの中に飲み込まれていく。

世の中に存在する、洋服オタク以外の大多数によってブランド力どうこう以前に、デザイン性や価格の安さをメインにした判断軸で選ばれていくのでしょう。

サービス内において無数にライバルがいる中で、価格競争だったり、色々な競争に巻き込まれブランドとしての価値を残すのが非常に難しくなります。

これも逆に考えれば、取り込まれてしまえばブランドが多くの人の目に触れる機会が増えるので、大きなチャンスになり得るのかもしれませんが・・・。

 

よって既存のファッションブランドは、かなり狭くターゲットを絞った上で尖りに尖っていかないと、これから先の未来では生き残っていけない未来になると思います。

同時に「ネットじゃ買えない」と思わせる強烈な惹きを持っているブランドは生き残り、実店舗の売り上げも好調になっていく。

 

世の中における大多数の人たちはネット通販を使って便利に洋服を買うようになる時代が来る。

その他少数の洋服オタクは、今まで通り実店舗に足を運んで洋服を買う。こうやって、ファッションの世界は二極化していくんだと思います。

同時に洋服オタクにとっては、そこまでしてでもお店に足を運んで服を買うことが究極の楽しみになっていくのでしょう。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」