なぜ夏は白無地Tシャツが流行るのか

早いもので2018年も半年が経ちました。もう6月なんですね。

1年の始まりとか、年度の始まりとか、新しいノートの1ページ目とか、何かの最初ってやる気に満ち溢れているものです。

今日は6月1日。月初ということで毎月恒例の「今月はたくさん記事を書くぞ」欲が今のところはあります。

 

スポンサーリンク

夏に白無地Tシャツが流行る理由を考えてみる

そんな、やる気のある月初に書くこの記事では、夏に白無地Tシャツが流行る理由を考えてみようと思います。

メンズファッションにおいて、毎年夏って白無地Tシャツを着こなすコーディネートがめちゃめちゃ流行りますよね。都内には白無地Tシャツの専門店だってあるくらいで。

白無地Tシャツ専門店▶︎#FFFFFFT

 

あれってどうしてなんでしょうか。ぼくなりにその理由を考えていきます。

 

ぼくが夏に白無地Tシャツを着る理由

その前に、ぼく自身が夏は白無地Tシャツを好む理由を挙げてみたいと思います。

理由はいくつかありますが、最大の理由は暑さで着る服を選ぶ気力すら吹き飛んでしまうからです。

夏と冬だったら断然冬の方が好きなぼく。コーディネートを組む楽しさにしてもそうだし、単純に暑いか寒いかだったら、後者の方がマシだとも思っています。

 

そもそもラフで気取らないファッションが好きなのも理由のひとつ。

できることならカート・コバーンみたいに、雑な服を着ていても格好いい男でいたいと思っているのは、ぼくだけじゃないはず。

トップスに白無地Tシャツを着るとなればボトムスには黒いスキニーパンツを履いている人を街ではよく見かけますが、その点ぼくはジーンズを選びます。

足元にはスニーカーよりもサンダル。肩の力が抜けきった、下手すればおじいちゃんなコーディネートですが、個人的にはそれくらいが大好きで。

見た人が「あれっておしゃれなの・・・?」と疑うようなラインに立っていたいんです。

捻くれ者なので、雑誌に載っているみたく「足元には革靴を」なコーディネートを見ると「ふーん」と思ってしまう。

 

もちろんそれを否定したい訳じゃないし、ファッションは自由を楽しむものだから、誰がどんな格好をしていたってぼくには興味がありません。

それがおしゃれかどうかなんて、着ている本人の主観でしかなくて、他人の目なんて誰も気にしなくていいし。

 

スポンサーリンク

夏に白無地Tコーデが流行るのは

ここから本題に入っていきます。メンズファッションにおいて、夏に白無地Tシャツを使ったコーディネートが流行る理由。

それはいくつかあると思っています。

 

簡単におしゃれな雰囲気を醸し出すことができるから

ひとつ目として、白無地Tシャツを使ったシンプルなコーディネートなら誰でも簡単におしゃれな雰囲気を作ることができるから。

トップスに白無地Tシャツ、ボトムスに黒いスキニーパンツを履く超絶シンプルなコーディネートを組めば、誰だってそれなりにおしゃれっぽくなれます。

これ以上ないくらいシンプルなコーディネート。工夫のしようがないそれは、ファッションセンスがあるとかないとか、そんな次元の話ではありません。

いわば夏のメンズファッションにおける制服のような存在なんだと思います、白無地Tシャツって。

 

面倒なコーディネートを考える必要がなくなる

たとえ洋服に興味がなかったとしても、コーディネートを考えるのが面倒だと思っていても、洋服を着ずに裸で街を歩けば犯罪です。

面倒臭いと思いながらも他の季節はコーディネートを考えなくてはなりませんが、夏ならほとんどその必要がなくなります。

なぜなら、白無地Tシャツに黒いスキニーパンツという制服が存在しているから。この季節に限っては学生の頃のように、朝起きたら制服を身に纏えばいいんです。

どうして夏だけメンズには制服が存在するのかというと、次の理由にも繋がってきます。

 

究極の無個性コーデには被りというタブーがない

白無地Tシャツに黒いスキニー。多くの雑誌が推奨する究極の無個性コーデには、そもそも”被り”というタブーがありません。

これ以上ないシンプルな格好だし、というかもはや夏のメンズファッションにおける制服のような概念だし。制服が被って嫌なんてのはおかしな話です。

誰もがする格好だからこそ、そこには被りというタブーが存在しないんですね。

 

女性からの好感度が高いのはシンプルなコーディネートだから

これはもう確信に近いのですが、女性からの好感度が高い男性のコーディネートって、極めてシンプルなそれなんです。

ぼくがファッション雑誌を食べるように読んでいた頃からずっと書いてあったことであり、実際に女性からもそんな声を何度も耳にしてきました。

 

「今日は気になる人と会う予定があるけど、コーディネートを考えるのが面倒だな・・・暑いし」

そう思って結局、白無地Tシャツにジーンズのシンプルな格好で向かうと「派手な柄シャツ羽織ってたこの前よりずっといい」と言われたこともありました。

どうにか思考を凝らしておしゃれに見せようと派手なシャツを着てみたりしてしまいますが、結局女性から高い評価を得ることができるのってシンプルな格好なんですよね。

シンプルイズベストって本当です。雑誌にも書いてあるし、ぼくだけじゃなく多くの友達が「白無地Tシャツを着てると褒められた」と言っていました。

 

白無地Tシャツは夏メンズコーデにおける制服である

メンズファッションにおいて、夏に白無地Tシャツが流行る理由をぼくなりに考えてみました。

これ以上ないくらいシンプルなコーディネートがゆえに、人と被ってもそこまで嫌だと思わないことが流行る大きな理由のひとつなんだと思います。

白無地Tシャツは夏メンズコーデにおける制服のようなもの。

簡単におしゃれな雰囲気を醸し出すことができる魔法のアイテムには、ぼくも頼りまくり。今年の相棒はUniqlo Uの1枚にしました。

このTシャツ、薄ピンク色もとても気に入ったので、真夏になって買い足したいと思ったらそれにも挑戦してみようと思います。

 

白無地Tシャツを基本に、柄シャツは時々着てみるくらいで。

暑いとシャツの派手な柄ってなかなか邪魔に感じることが多いので、やっぱり白無地Tシャツの出番が増えてしまいますが。

 

そうやって夏にシンプルな格好をした反動で、気温が下がって秋や服に近付くと派手な柄のシャツやスウェットを着たくなる。

コーディネートは反動なんだなってよく思います。ファッションって飽きとの戦いなんだなっていつも思います。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」