今年の夏はこれでいく。1枚でおしゃれなUniqlo Uの白無地T

メンズファッションにおいて、毎年夏になるとシンプルなコーディネートが流行りますが、あれってどうしてなんでしょうか。

なんて言っておきながらぼくもそれを好む1人なのですが、ぼくの理由と多くの方が思うそれって一致しているのかどうかが気になっています。

ぼくが夏にシンプルなコーディネートを組む理由は、単純にどんな服を着るか考えることが異様に面倒臭くなるからです。

夏の暑さに考える気力を全て奪い去られて、何も考えたくなくなってしまいます。

 

だから足元には靴下を履く手間を省けるようにサンダルを。ボトムスにはベルトを縛る手間を省けるようにイージーパンツを。

トップスには手持ちのどんなイージーパンツにも合うようにシンプルな白無地Tシャツを合わせます。

夏の暑さに全てのやる気を奪い去られてしまうから、極力シンプルなコーディネートで出掛けたい。大好きな洋服もほとんど買わなくなる季節です。

 

ぼくはそんな理由で夏はシンプルなコーディネートを好むのですが、皆さんはいかがでしょうか?

 

スポンサーリンク

夏に着たい、シンプルの極みなUniqlo Uの白無地T

夏もすぐそこまで迫ってきた今、ご紹介するのはこちらです。ぼくが最近買ったUniqlo Uの白無地Tシャツ。

正式名称を調べてみると『クルーネックT』で、もう名前までシンプル。見た目だって何の変哲もない白無地Tシャツで、もうめちゃくちゃにシンプルです。

 

ポケットも付いていなければ、これとって縫い方やシルエットにもいい意味で特徴のない1枚。

日頃からHanesのパックT(3枚で1,500円くらい)を着ているので、1枚1,000円のこちらは少し高い・・・ようには全く思わず。

とにもかくにもシンプルなので、1枚で1,000円なら普通か安い方でしょう。繰り返しますが、見て着て素直にそう思うほどには非常にシンプルなアイテム。

 

夏はシンプルな白無地Tシャツを着たくなる季節。選びきれないほどの選択肢がある中で、ぼくはどうして今年の相棒としてこの1枚を選んだのか。

その理由を書いていきたいと思います。

 

流行は”ビッグシルエット”から”ジャストフィット”へ

ぼくは去年、同じくUNIQLOのポケット付きビッグシルエットTシャツを5枚ほど買って愛用していました。

少し前から一般層にまで広く浸透し今でもまだ愛され続けている”ビッグシルエット”のブーム。

それも個人的にですが、そろそろ終わっていきそうな予感がしています。

 

ずっとビッグシルエットが流行っていたこともあって、その反動から世間は徐々に”気持ちタイト気味のジャストシルエット”を求めている印象。

今回のUniqlo Uコレクションはそんな世間の反動を予測して、売れ筋の無地Tシャツをジャストサイズで展開することにしたのでしょう。

 

シルエットや胸ポケットでシンプルなアイテムの中にもパンチを効かせていた。

それさえも”鬱陶しい存在”と思われることが増えてきた今、必要最低限の作りをした究極にシンプルな白無地Tシャツが求められているように思います。

 

スポンサーリンク

厚すぎず薄すぎない生地感が今年の気分

先ほども書いたようにぼくは去年、UNIQLOのビッグシルエットポケットTシャツを愛用していましたが、採用された生地はかなりのヘビーオンスでした。

そもそもがビッグシルエットで肩を落とした設計で。加えてヘビーオンスの生地を採用することでその重みがより”オーバーサイズ感”を演出して。

いわばかなり重いデザインだった訳ですが、それが主流だった去年の反動で今年は厚すぎず薄すぎない生地が採用されています。

 

白無地Tを着たいとは思っても、あまりにもライトオンスだと肌着のように見えてしまいみっともない。

だからこそ1枚でも自信を持ってきるためにはヘビーオンスで重めのTシャツが主流として好まれるここ最近。

Uniqlo Uが販売するこの1枚は、その間を絶妙なバランス感で保っているように思います。

 

薄すぎず厚すぎない生地感。それを採用することでジャストサイズで設計しても肌着っぽさを感じることがない。

詰めすぎず空けすぎずの感覚で織られたボディーは多少のザラザラ感を持っており、ヘビーオンスながらも適度な通気性を兼ね備えた優れもの。

このバランス感覚が絶妙でとても素晴らしい1枚です。

 

ポケットすら配置しないシンプルなデザインに挑戦を

そもそもHanesの、それこそ下手したら肌着にしか見えないTシャツを去年は1枚で着ていたぼく。

決して厚くはないし、気持ち薄いのかもしれない。胸を張ると乳首が普通に浮かび上がってしまうくらいではありますが、気の抜けた雰囲気がたまらなくて。

そんな魅力に惹かれて比較的ライトオンスなTシャツでも抵抗なく着るぼくですが、やっぱりヘビーオンスなそれの方が安心感はある訳で。

 

汗をかいても肌が透けないだろうし、胸を張ったって乳首も透けないだろうし。

そんな安心感に包まれる。その上から白無地Tシャツに更なる安心感を加えるのは、ワンポイントデザインでもある胸ポケットだと思っています。

もしかしたら、まだ白無地Tシャツを着たことのない方からすれば、この1枚を着ることには抵抗があるかもしれません。ポケット付きの1枚を選びたいはず。

 

しかし日頃からHanesの比較的ライトオンスな1枚を何も気にせず着ている身としては、気持ちヘビーオンスなだけでも包み込まれる安心感が違います。

だから、ポケットは必要ないと思えてしまう。去年はポケット付きのヘビーオンス、それもビッグTシャツが流行りました。

そのワンクッションがあって今年を迎えるなら、胸ポケットの不在に抵抗のない人も多いのではないでしょうか。きっと多いはず。

 

そこまで計算していたのかはわかりませんが、もしそうならこれは売れるはず。

現にぼくもMサイズを3枚買おうと思っていたのですが、近くのUNIQLOに2枚しかありませんでした。だから、2枚買ってきました。

 

1枚1,000円の潔い価格設定だから手を出しやすい

これが2,000円だったら、きっと買うことを躊躇していたと思います。しかし簡単に2枚も買えてしまうのは、とても手を出しやすい価格設定だから。

質を見てから販売価格を見たので、それまでは1,500円で売っているものだと思っていました。それが妥当だと思っていた。

 

しかし実際の販売価格は1,000円。そんな潔い価格設定だったらほんの少し躊躇するだけで、簡単に買えてしまう。

シンプル。何から何まで非常にシンプル。

 

白無地Tシャツの選択肢は多すぎて選ぶのが心底面倒臭い

どうせ白無地Tシャツを着るなら徹底的にこだわって選びたいと思う気持ちはあります。しかし、いかんせん選択肢が多すぎて選ぶのが本当に面倒臭い。

それならUNIQLOでいいじゃないかと思った次第です。ただのUNIQLOじゃなくてUniqlo Uで展開している分、気持ちハイブランドっぽさも感じることができますし。

 

加えて妥協したくないとは言ってもやっぱり白無地Tな訳で、汚れにはめっぽう弱く。いつどこで汚れるかなんて予測できません。

それなら安物でいいじゃないか。1枚1,000円くらいが妥当じゃないか。

ある程度、妥協を許さずに選ぶこと。その上で汚れても許せる範囲の値段であること。

両方の条件を上手い具合に満たしてぼくらを喜ばせてくれるのがUniqlo Uが販売するこの1枚なのでした。

色々考えてみると非常に”ちょうどいい”Tシャツです。文句はありません。

 

なぜか夏はシンプルな白無地Tシャツがいちばん

暑さで全ての気力を奪い去られてしまう夏、コーディネートはシンプルがいちばん。トップスは白無地Tシャツがベスト。

全国どこでも買える1枚。誰でも気軽に買えるTシャツ。

両サイドにスリットすら存在しないシンプルなTシャツ。シルエットもごく普通、生地感にほんの少しだけUNIQLOらしからぬ特徴のあるTシャツ。

選択肢が多すぎて選ぶのが面倒な今、その手間を考えてもUniqlo Uの白無地Tシャツを着ることは最良の選択肢だと思っています。もう1枚あってもいい。

 

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

【4月28日(日)】映画「The True Cost」上映会を開催します



2019年4月28日(日)に新宿にて映画「The True Cost」の上映会を開催します。

ファストファッション人気の裏で低賃金、重労働に苦しむ人々がいる事実を写したドキュメンタリー。

洋服が好きな人のみならず、全ての洋服を着る人々に見て欲しい作品なので、上映会を開催することにしました。

ファッションとは何か、なぜ人は服を着るのかを今一度考える機会に必ずなってくれます。