【悲報】awaJdnS、韓国に同じことを考えている方がいた

先日、このブログでも発足させたことをお知らせしたぼくのオリジナルブランド、awaJdnS。

思い立ってからは意気揚々と準備を進め、無事に記事を公開できて。

関連記事▶︎ブランド『awaJdnS』を立ち上げました。パーカーの受注販売を行います

 

それからはありがたいことに注文もたくさん頂いており、ひと安心していた今日この頃。

思わず絶句してしまうような、衝撃的な出来事がありました。

 

スポンサーリンク

awaJdnS、同じことを考えている人が他にもいた

それは一体、何なのか。結論から申し上げると、ぼくと全く同じことを考えている人が他にもいたのでした。

”Supreme”という文字列を180度回転させて、それっぽく見えるアルファベットを使い作った文字列、awaJdnS。

 

昨日ふと、普段はくだらない写真ばかりを投稿している自身のInstagramにawaJdnSのロゴを投稿してみると、ハッシュタグが既に存在していて。

 

左上はぼくの投稿です

アカウントを覗いてみると、その方は韓国にお住まいの女性。投稿日を見るに、その方がTシャツやキャップを作ったのは2016年のようでした。

同じことを考える人がいた衝撃に重ねて、それが2年以上も前というダブルパンチ。ぼくは一瞬、絶句してしまいました。

 

アルファベットの”a”も、手で普通に書くあの”a”じゃ回転させたときに”e”っぽくないから、と意識していました。

真ん中の”J”も最初はしっくりくる文字が思い浮かばず小文字の”i”にしていたところを、突き詰めて考えながら修正していきました。

 

そこまでを含めて、隅から隅まで同じ発想を持った方がいらっしゃったとは。

しかもそのTシャツやキャップを作ることまでされていたとは。

 

さすがSupreme。世界的に人気を誇るブランドです。

国内に同じ発想を持った人はいなくても、世界を見ると同じことを考えている人はいるものですね。

最もぼく自身が普段、ほとんどInstagramに触れないという無関心っぷりを決め込んでいたが故のリサーチ不足ではありますが。

 

自発的行動の第一弾ということで

今回のawaJdnSパーカーはフォントも文字の詰め具合も、ボックスロゴの大きさまでも本家と全く同じサイズに設定し、徹底的にパロディーする姿勢でいました。

パーカー選びにも徹底的にこだわって「これぞ100%オリジナル!」と思っていたので、同じ発想を抱いている方がいたことは、なんだか悔しい。

 

ただ、刺繍は信頼できる刺繍屋さんに依頼して、パーカーは細部にまでこだわって生み出した。その点がオリジナルであることに違いはありません。

胸を張って自信作といえるアイテムであることにも、絶対に違いはありません。

 

同じ発想をお持ちの方もブランド化して販売している訳ではないため権利的な問題は発生しないと思います。

ただ、個人的になんだか悔しいので、ぼくの次の行動で同じロゴを使うかは今のところ決めていません。

 

あくまでもこれは、服作りに興味があるぼくの、自発的行動の第一弾ということで。

これにめげず、今後も面白いことを思いつき次第、どんどん動いていきたいと思っています。

 

第一弾、awaJdnSパーカーは3月24日(土)まで受注を受け付けています。

胸を張って自信作と言えるアイテム。ブランド立ち上げに込めた思いも別で記事にしているので、ぜひ読んで頂きたいです。

関連記事▶︎ブランド『awaJdnS』を立ち上げました。パーカーの受注販売を行います

▶︎awaJdnSパーカー販売中のiwatashopを覗いてみる

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」