買ったキャップが大きいとき。New Eraのサイズ調整テープが超便利

先日、New Eraのキャップを初めて買いました。

ぼくが買ったのは、2012年に大きな話題を呼んだKENZO×New Eraのコラボキャップ。

キャップを買うことが初めてだった上、シリーズで展開しているのはスナップバック(後頭部でサイズ調整ができるタイプ)ではないため、どのサイズを選べばいいのかがわからず。

 

近くの帽子屋さんへ行ってNew Eraキャップをサイズがあるだけ試しに被ってみたのですが全く合わず。どうやらぼくの頭は平均よりも大きめのようでした。

KENZO×New Eraのキャップを新品で、サイズを選んで買うことって、今となってはほぼ不可能で。

仕方なく「これならサイズも大きめだし、小さくて入らないよりはいいか」と考えて、お店で被ったサイズよりもいくつか大きいものをネット通販で手に入れました。

 

それがこのキャップ。アイテム自体を紹介する記事も書いているので、そちらも読んで頂けると嬉しいです。

関連記事▶︎当時、街でこれを見ない日はなかった。KENZO×New Eraのコラボキャップ

 

スポンサーリンク

買ったはいいけど・・・サイズが大きくてブカブカ

このKENZO×New Eraのキャップ、サイズ表記は7 7/8とかなり大きめ。

cmに直すと62.5cm。

頭周りの大きさは身長に比例する、なんてデータも見たことがあるので、ひょっとしたら前の持ち主さんはかなり大柄な方だったのかもしれません。

 

身長が178cmのぼくは恐らく、7 7/8よりも1~2サイズ下がジャストだと勝手に思っていたのですが、そのサイズで欲しいデザインは殆ど見つからず。

「まあ、少し大きめに被ったところで問題ないか」と思い、大きめだけれどデザインを気に入ったこのキャップを購入しました。

 

しかしいざ被ってみると、少し頭を動かしただけでもキャップがズレていくことに違和感を感じることが多く、とても気になって。

風が吹けばあっと言う間に遠くへ飛んでいってしまいそうで、ブカブカと言っても過言でないくらいのサイズ感です。

 

New Eraの公式サイトには”サイズのゆるみ分として5mm~1cmの余裕があるといい”とされていましたが、明らかにそれ以上の余裕があったようなので困った。

 

New Era公式のキャップ用サイズ調整テープ

開封&使用後の写真で申し訳ありません・・・。

そんなことを思いながら「どうにかしてサイズを調整する方法はないかな」と調べていると、これが意外と簡単でした。

というのもなんと、New Eraが公式でキャップのサイズ調整に使えるテープを販売しているからです。

 

 

写真は開封&使用後に撮ったのでテープが少なくなっていますが、実際はキャップ2つ分くらいに使えそうな長さ(100cm)が入っています。

ぼくも上記で紹介した楽天のショップから購入しました。お値段は送料・税込で324円。

キャップをひとつしか持っていないのにここまでテープが少なくなっているのは、ぼくが不器用なため貼り直しを何度か行ったからなのでした。

 

スポンサーリンク

テープを適度な長さに切って貼る。それだけでOK

使い方は本当に簡単で、テープを適度な長さに切って貼る。それだけでキャップのサイズを調整することができます。

 

テープはウレタン製で片面に粘着性がある、薄いスポンジのようなもの。

厚さを測ってみると3mmくらいだったので、説明書にある通り汗止めの裏側にだけ貼るとその分だけサイズを小さく調整できる、ということなのでしょう。

 

ぼくの場合はキャップのサイズが自分の頭より一回り大きいと感じていたので、帽子のスウェットバンドをひっくり返してテープを一周させました。

 

KENZOやNew Eraのロゴタグがあるスウェットバンド部分を・・・

 

くるっとひっくり返して、その裏側にテープを一周させながら貼り付ける。

ぼくは不器用なので少しずつ切って貼り付けましたが、器用な方は切らずに一周させるのもいいですね。

あくまでスウェットバンドの裏側なので帽子を取っても見えない部分。そこまで慎重になる必要はなさそうです。

 

キャップをワンサイズ(1cm)ダウンするにはもってこい

全体にテープをぐるっと一周させた後で被ってみると、当たり前ですが以前よりもフィット感が増していて。

感覚的にはこれで1cmくらいは小さくなったかな?と思っています。テープには弾力性があるのでサイズダウンしても窮屈な感覚は全くありません。

被ったときの感覚はそのままに、サイズだけを小さくしてくれています。

 

調べてみるとNew Eraのキャップはサイズの個体差が大きいらしく、同じ表記でもやや大きかったり小さかったりするみたいですね。

色々とサイズを調整する方法はあるようですが、どれも失敗するとせっかく買ったキャップの形を崩してしまいそうな方法が多く、ちょっと怖いです。

New Eraが販売しているサイズ調整テープならキャップを傷つける心配がないのて、よっぽどのことがない限りはこちらを使いたいですね。

 

買ったときに「やっぱり少し大きいな・・・。あんまり出番がないかもしれない」と思っていたこのキャップも、テープのお陰で今後活躍してくれそうです。

キャップをワンサイズ小さくしたいとお考えの方は是非使ってみてください。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

【4月28日(日)】映画「The True Cost」上映会を開催します



2019年4月28日(日)に新宿にて映画「The True Cost」の上映会を開催します。

ファストファッション人気の裏で低賃金、重労働に苦しむ人々がいる事実を写したドキュメンタリー。

洋服が好きな人のみならず、全ての洋服を着る人々に見て欲しい作品なので、上映会を開催することにしました。

ファッションとは何か、なぜ人は服を着るのかを今一度考える機会に必ずなってくれます。