シャツやロンTにもお金をかけられる粋な大人になりたい

ぼくは洋服を買うとき、質やらデザインやら、自分の中にある基準を満たした服であれば例え少し高くとも買うことにしています。

あまりにも高すぎる場合は例外ですが、普段よく行くようなお店に売っている、ちょっと高いなと思う服なら、気に入ったときに買っていて。

アウターに10万円くらい、ニットやジーンズに3万円くらいを出すことには、わりかしそのレベルなら少し躊躇はするものの買ってしまう。

 

ただそれでも、欲しいと思ってもどうしても「これにはそこまでのお金を出せない」と思ってしまうアイテムがあります。

シャツやTシャツ。どれだけデザインが格好良くても気に入っても3万円は、ロンTに1万円は・・・と怖気づいてしまう。

 

スポンサーリンク

お金を稼げるようになれば解決する問題でもない

「もっと稼げるようになれば何でも躊躇なく買えるようになる」

そう言われてしまえば、そうなのかもしれない。

 

でも今のぼくが「その月収で月家賃3万のアパートに住んでる奴は初めて見た」

と言われても引っ越さないように、仮にもっと稼げるようになってもそう簡単に解決する問題ではない気がします。

 

部屋に関しては、インテリアに関しては全く興味がなくて「寝れるならいいや」感覚で選んだのでまた別の話ですが、シャツの場合はどうしてだろう。

たぶん、シャツというアイテム自体にそこまで魅力を感じていないから、好きじゃないからなのかもしれません。

それでも不定期にだけれど着たいと思ってしまうときがある。この前、古着屋さんで9,000円のシャツを買ったのですが、それでも少し躊躇ったもんな。

 

手を抜けば安っぽさが透けて見えやすいアイテムなことは確か。

けれど、もしかしたらただ、シャツというアイテムが基本的に持っているあのカッチリとした雰囲気が苦手なだけなのかもしれません。

記事を書きながら考えているのですが、もはや記事にするまでもなく疑問が解決していきそう。

 

ついでに言うとTシャツやロンTに1万円を払ってまで手に入れることを躊躇うのは、よっぽど生地やシルエットに特徴がない限りはデザイン料ゲームだからです。

インポートブランドの服を買う場合、質に対して値段が割高なのは明らか。

それでもデザイン性にお金を出すかという話と同じです。アートの世界にも通づるものがある。

 

インナーは脇役。そこにもこだわりを持ってこそ粋なもの

たぶんぼくの中にはまだ、コーディネートにおいてインナーは脇役で、主役はその他のアイテムだと思っているところがあるんです。

アウターとかボトムスとか、靴とか。そういったアイテムたちがコーディネートを構成する主役。

 

極端な話をすれば、アウターを閉めて着ればインナーって隠れて見えなくなっちゃうじゃないですか?だからです、多分。

だからそこにも大きなお金を使うことには抵抗がある。

きっとどれだけ稼げるようになってもお金をかける比率は変わらないんじゃないかと思っています。

今のぼくが持っているのはそういう価値観。アウターやボトムスは主役だから、少し高くても気に入ったものを手に入れる。

 

それでもいつかはシャツやロンTといったインナーにも躊躇なく、気に入ったものをただ純粋に着れるような大人になりたい。

白無地Tシャツに1万円使っちゃうような、そんな感じ。

今の価値観を持っているぼくに言わせてみれば、それが”見えないところにも気を遣うおしゃれ”なんだな、と思います。

こんなことを言うからにはもちろん、下着にもあまりこだわりはありません。だって見えないから。

 

いつかそういった部分にまで気を遣うようになってこそ、本当にカッコいい大人になれるような気がしています。

そんな大人が粋で、理想。いつかシャツやTシャツにも、それ以上に見えない部分にもお金をかけられる大人になりたい。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」