自分好みなセレクトショップの見つけ方

ぼく自身、全く知らないブランドの服をネット通販で買うことには少し抵抗があります。

知っているブランドの服であってもネットで買うことは滅多にありません。あるのは過去に欲しかったけれど買えなかった服を中古で見つけたときくらい。

洋服って実物を見ないと、それが醸し出している雰囲気や色味がわかりません。

着て、触れてみないとサイズ感やシルエット、着たときの雰囲気や自分に似合うかどうかがわかりません。

お店の通販サイトに一通り目を通して「この服が欲しい」と目星をつけてから足を運ぶことも多々あります。

しかしいざ実物を見てみると、着てみるとそこまで気に入らなくて購入には至らなかったり、逆に実物を見て着て初めて魅力に気付き、その場で購入に至ることもあります。

2年ほど前にiroquoisで買ったジップカーディガンがまさにそうで。

ネットで見たときはさほど魅力を感じていなかったのに、お店で試着をしてから途端に欲しくなってしまい購入。今に至るまでずっとヘビロテしています。

 

そんなことの連続だから、ぼくは洋服をネット通販ではなくお店で買いたい。

同じことを感じている人って絶対にたくさんいると思っていて。どれだけ通販サイトやテクノロジーが発展しても実店舗は絶対になくならないと確信しています。

 

そんなことを書いていたら前置きが長くなってしまいましたが、まとめると洋服は実物を見て買ってこそ楽しいものだと思っているのでした。

しかし最近は自分の中でも行くお店がわりと固定化されているので、どこか新鮮味に欠けて退屈さを感じるようになっていたこともあったり。

特に都内へ行けばお店は無数にあるし、探すのも時間と労力がかかって面倒臭い。しかしこのままだとそんな退屈すぎるサイクルを抜け出せない。

そんな少し前のぼくと同じようなジレンマを、この記事を読んでくださっている皆さんが感じているとしたら。

洋服が大好きな芸人さんとしてお馴染みのピース又吉さん流、自分好みのセレクトショップを見つける方法が面白かったのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

”好きなブランド名+エリア+セレクトショップ”でGoogle検索にかける

とってもシンプルなのですが、自分の好きなブランド名+買い物へ行きたいエリアでGoogle検索をするというもの。

例えばぼくの場合なら”iroquois 東京 セレクトショップ”で検索するという、ただそれだけのことです。

これってぼくも意外とやったことがなかったので、ものすごく単純な作業なのに今まで知らなかったお店に出会えたりするのがなかなか面白くて。

iroquoisの場合は都内に旗艦店があるのでそこに足を運ぶことが多いです。

それでも角度を変えて考えてみると”自分が好きなブランドをセレクトしているお店なら、似た雰囲気かつ好みに近いブランドにも出会えるんじゃないか”と思えてくる訳で。

セレクトショップへ行く楽しみのひとつに、それが絶対にありますもんね。今まで知らなかったブランドの服に出会えるあのワクワク感が。

 

大型デパートや大手セレクトショップで視野を広げる

もっとも、”これといって好きなブランドがない”のであれば大型デパートへ足を運んでみるのもひとつの手。

ぼくの場合は伊勢丹新宿や阪急メンズ東京といった大型デパートへよく足を運びます。

気になるブランドがあれば、そのアイテムをより多く取り扱っていそうなセレクトショップを調べてみる。

”気になるブランド名+エリア+セレクトショップ”。つい最近のぼくで言えば”Gosha Rubchinskiy 東京 セレクトショップ”だったり。

 

もしくは都心部にある大手のセレクトショップに足を運んでみたり。ぼくが住んでいる地域にある大手チェーンのセレクトショップって、ほとんどセレオリ商品しか置いていなかったりします。

それでも都心の店舗に足を運べばそれはもう、違うお店なんじゃないかと錯覚するほどには置いているブランドのレベルが違うんですよね。

六本木のUNITED ARROWSにはUNUSEDなどのドメスティックブランドはもちろん、さらっとSAINT LAURENTが置いてあって田舎者は驚きました。

こっちの店舗にはほとんどセレオリ、ごくたまにkolorを置いているくらいだというのに。

 

スポンサーリンク

デパート→コアなセレクトショップ→旗艦店の循環を楽しむ

ぼくはirouoisが大好きなのですが、最近はコーディネートを組むときに同じブランドの服ばかりだとオリジナリティがなくて退屈だな、と感じるようになってきました。

そこで新しいブランドに出会いたい、でも探すのは面倒臭い・・・と感じていたときに出会ったのが”好きなブランド名+エリア+セレクトショップ”で検索するという方法。

これをやってみると自分の感覚に近いお店に比較的少ない労力で出会うことができて、なかなか面白かったです。

 

思えばぼくも今好きなブランドのいくつかは、新宿伊勢丹などのデパートに足を運んで気になったものが多く。

加えて”もっと見たい”と気になったブランドがあれば取り扱っているセレクトショップ、もしくは旗艦店に行ってより”好き”を深めていました。

もっとも最近はiroquoisで凝り固まりすぎているので、どちらかというとデパートに足を運ぶことが多いかもしれませんが・・・。

そうやってデパート→セレクトショップ→旗艦店の循環を繰り返して好きなブランドを作り増やしていく。

これがぼくにとってはいちばんワクワクするファッションの楽しみ方かもしれません。

 

最初のきっかけはデパートじゃなくて、自分の好きなミュージシャンや俳優さんが着ているブランドでもいいですね。

旅行で地方へ行ったときに現地のセレクトショップへ行ってみたりするのも面白いです。

普段足を運ぶお店とは違った新鮮な雰囲気を味わうことができるので、コーディネートや買う服のチョイスにマンネリを感じているときにはぜひ、試してみてください。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

YouTubeチャンネル「いわたの偏愛コレクション」