人生初の2色買い。iroquoisのミリタリー感強めなMA-1が格好いい

確か、2014年の秋だったと思います。

大好きなブランド、iroquoisから毎シーズン家にDMが届いては、そこに同封されているコレクションを眺めていて。

「あ、この服は絶対に欲しい」そう思ったのが、このMA-1。

 

軍モノのがっつり男らしいそれとはまた違い、ブランドらしさの詰まった緩さ全開のシルエット。

ミリタリー系の洋服に興味はありつつも、本家はゴリゴリすぎて手を出す気になれないぼくは、iroquoisというフィルターを通すことが多く。

古着への造詣が深いデザイナーさんの、独創的な服作りがとても好きです。

このMA-1も、その例に漏れることなく・・・。

 

スポンサーリンク

当時、リアルタイムでは買うことができなかった

iroquoisは毎年、アウターを入荷するタイミングがとても早い。

「真冬でも着れるアウターなら、10月か11月に入荷するんじゃないか」

そんなことを考えていると確実に、お目当てのそれは買い逃します。

 

実際、ぼくが狙っていたMA-1がお店に入荷したのは9月の中旬くらい。

それを知らずに10月半ばに足を運んだぼくは、お目当てが全色全サイズ売り切れていた事実を知りガッカリ。

正確に言えばお店のブログを読んでいたので入荷のタイミングは把握していたのですが、まさかこんなにも早く売り切れるとは・・・。

 

ショックを受けた衝動でなのか、その年は10万円もする他ブランドのチェスターコートを買いました。

それから3年が経った今、あれに袖を通した回数は10回もないのでは・・・。

 

探し続けて1年、ようやく手に入れた1着目のカーキ

季節は過ぎて春、夏、秋・・・あれから1年が経ち、また冬がやってきた頃。

今年はどんなアウターを買おうかな、と考えていても、やっぱり去年欲しかったあの1着が忘れられず。

過去のブランドアイテムを手に入れるには中古市場を探すしかなくて、フリマサイトやオークションに出品されていないか、探し続けました。

そうしてようやく、色もサイズも狙っていたそれと一致するものを発見して即購入。1年越しでようやく手に入れたカーキのMA-1。

 

これをもう、手に入れてからはとにかくヘビロテして。

その年の冬のうち、2/3くらいはこのMA-1を着ていたんじゃないかな。

 

真冬にMA-1なんて結構キツいんじゃないのか?と思っていたのですが、この1着は違って。

中綿に高機能性素材のシンサレートをたくさん詰めてある分、軽いのにとても暖かく。

インナーを着た上にシャツ、ニット、MA-1のコーディネートで真冬だって乗り切ることができました。非常に頼もしい。

 

ジップの後ろに配置された、ミリタリーモノではよく見るこれ。

三角形の縫い目がギザギザに入ったこれ、なんて言うんでしょう?

名称は知らないけれど、その辺りのディテールも本家に忠実で。

 

パッと見たとき、洋服のクオリティや”いいブランドモノかどうか”は、ジップを見れば一瞬で判断することができる。

だから、そこにはこだわりを持っていたいところです。

その点このMA-1にはWALDESジップが採用されていて、これがまた痺れる。

UNIQLOの服とかも、ジップやボタンにもう少しこだわれば見栄えも絶対に良くなるのに・・・。

 

肩を落とした緩いシルエットが本当にツボ。

 

着ている内に、もともとムラ染めされていた生地の雰囲気はどんどん古着っぽさを増していって。その辺りもお気に入りでした。

 

スポンサーリンク

真夏に衝動買いしてしまった、2着目のブラック

それからというものの、季節は過ぎて春、夏・・・。

衣替えをしつつ、息を吸うようにして日課の楽天市場サーチをしているときのことでした。

去年の冬に大活躍したMA-1の、色違いを見つけてしまった。

 

もう既に1着持っていて、それを本当に気に入っていつも着ていたぼく。

ネットでその色違いを見つけた途端、なぜか使命感を感じたのでした。買わねば。

 

そうして手に入れた2着目のブラック。

正直、いやきっと1着あれば十分なのでしょうけど・・・ぼくは自分がどうして同じ服の2着目を買ったのか、よくわかりません。

でもなんだか「欲しい」と純粋に思ってしまったんです。

これが活躍するか、そうでないかの答え合わせは数ヶ月後。夏に買ったこいつには、まだ一度も袖を通していないから。

 

きっと後悔しないはずの2色買い

でも、きっと後悔はしないんじゃないかな。

人生初の2色買い、今回のそれにはそんな予感がしています。

既に1着持っているのに、同じものを直感でもう1着欲しくなる経験なんてのは初めてで。

どう着分けるのかは自分でもわかっていないけれど、きっと後悔しないし、今年はきっと2着とも活躍する。

 

したらしたで、それもまた記事にしますね・・・。

The following two tabs change content below.
いわた

いわた

洋服の経年変化を愛でるファッションブロガー。自分で着たい服を作ることも。 個人ブログ「いわタワー」も運営しています。

【4月28日(日)】映画「The True Cost」上映会を開催します



2019年4月28日(日)に新宿にて映画「The True Cost」の上映会を開催します。

ファストファッション人気の裏で低賃金、重労働に苦しむ人々がいる事実を写したドキュメンタリー。

洋服が好きな人のみならず、全ての洋服を着る人々に見て欲しい作品なので、上映会を開催することにしました。

ファッションとは何か、なぜ人は服を着るのかを今一度考える機会に必ずなってくれます。